FUSION directmarketing agency

JP / EN

MENU

TOPICS think out of the box! フュージョン社長ブログ

think out
of the box!
フュージョン社長ブログ

互いに学び合う文化へ

先日新入社員の歓迎会にて、嬉しい言葉を貰ったので覚えています。
「前職の半年間の学びよりも、フュージョンに入社して1か月半の方が濃い学びを得ています」
入社したてのポジティブな気持ちも相まっての、前向きなコメントが素直に嬉しいです。

3倍以上の学びを実感出来る環境は何だろうな、と考えていたのですが、
フュージョンの特徴の一つとして、
「社員同士で、知識や経験を惜しみなく教えあう文化」があります。
文化形成が大事で、業務指示をしてやる事ではないと思います。

かのGoogleでは、実施されているトレーニングの 80% が、
「g2g」(Googler-to-Googler)と呼ばれる Google 社員同士のネットワークを通じて行われているそうです。

フュージョンでも、外部から講師を呼んで教育するよりも
部署を超えたメンバー同士の学びが大きな成果を出していると感じています。
まさしく「F2F」かもしれません。

主な取り組みの一部としては
・フュージョン知恵袋
 (アドバイスが欲しかったら社内SNSに投稿すれば沢山のメンバーからアドバイスやアイディアが寄せられます)
・外部セミナー・イベント参加のフィードバック
 (個人で出たセミナーは、報告書ではなく社内でフィードバックの発表を通じて共有されます)
・朝会での事例共有
 (自身の業務事例を発表して、質問や疑問を受け付けたりアドバイスを貰っています)

そのほか
・アイディア創出ワークショップ
・社内図書館/お勧め本紹介
・社内WIKI
・社内ナレッジ披露12月アドベントカレンダー(!)
など、日々の業務時間の中で、沢山の教え合う場や機会が存在しています。
そこには部署や上司部下も関係無く、皆で教え合い、学び合っている姿をよく見かけます。

私自身も突然の社内講師依頼(!?)を受けたと思えば、最新のテクノロジのことなど、逆に教わる事も多いです。
20181122_LT8318.JPG

とはいえ、もっと早い成長を支援するようなプログラム設計や、
さらに成果を出すために学びたい、という気持ちに応える為には
会社全体としてどうしたら良いか、
変化しながらどんどん実行していきたいと思っています。

Think out!
最後まで読んで頂いてありがとうございます。

AUTHOR
佐々木 卓也 Takuya Sasaki
フュージョン株式会社 代表取締役

どの企業よりも大量のデータをハンドリングでき、どの企業よりも示唆に富んだ分析レポートを提案し、どの企業よりも仮説とレスポンスを意識した販促をプランし、どの企業よりも優れたツールをクリエイティブし、どの企業よりもクライアント企業とその先の生活者との距離を縮める事ができる。
そんな会社にしたいと心から思っています。

FUSION(フュージョン)は戦略策定から購買データ分析、クリエイティブ制作、効果測定まで、
ダイレクトマーケティングに関わる業務全てを担う体制でサポートをご提案します。
お気軽にお問い合わせください。

ダイレクトマーケティングのすべてを、eラーニングで学ぶ 無料資料をダウンロード

RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES