FUSION directmarketing agency

JP / EN

MENU

TOPICS MARKETING COLUMN マーケティングコラム

MARKETING
COLUMN
マーケティングコラム

マーケティングシステム関連おすすめ本8選

フュージョンスタッフがお届けするマーケティングコラム。

13回目は、ダイレクトマーケティングプランニングチーム 福迫が担当します。

IT調査会社アイ・ティ・アールの市場調査レポート「マーケティング管理市場の実態と展望2015」によると、マーケティング活動のPDCA全般の可視化・最適化を目的にマーケティングオートメーションなどのマーケティングシステム関連市場の注目が高まっているが、その一方でマーケティング関連のITに長けた人材が不足しているという課題が浮き彫りになっていきているようです。



私は社会人になって11年目になりますが、振り返ると社会人生活の大半をマーケティングシステム構築・導入・運用支援業務(主に小売業向けCRM,BI,MAのPM業務)に従事してきました。



マーケティングシステム分野は広範囲でかつ技術進歩が早く常に学ぶことが求められますが、最低限身に付けるべき知識は以下3つだと考えています。

 マーケティングシステム関連

   CRM、BI、MAなどのマーケティングシステムに関する知識

 データベース関連

   SQL、データベース設計の知識

  システム全般の基礎知識も必要ですが特にデータベーススキルは必須です。

 プロジェクトマネジメント関連

   マーケティングシステム構築・運用支援業務をプロジェクトとして推進する上でのプロジェクトマネジメントの知識


そこで今回は、マーケティングシステム分野に関わってきた私が上記3つの知識を身に付けていく上でのおすすめ本を紹介します。

マーケティングシステム関連おすすめ本

1.CRM - 顧客はそこにいる(村山徹、三谷宏治、アクセンチュア)

crm1.jpg

マーケティングシステム理解の第一歩はCRMから。

これからマーケティングシステムについて勉強しようと思っている方にまず読んで頂きたい本です。

前職時代、プロジェクトにアサインされてマーケティングシステム分野について何も知らなかった私に当時の上司が薦めてくれた本です。初版発行が2001年ですが色褪せません。今でも何度も読み返す私の座右の書です。

ちなみ著者の三谷宏治さんは、2014年ビジネス書大賞受賞本の「経営戦略全史」を書かれた方です。

 2.B I革命(NTTデータ技術開発本部ビジネスインテリジェンス推進センタ)

bi2.jpg

BI(ビジネスインテリジェンス)とは何なのか?何ができるのか?構成要素は何なのか?わかりやすく整理されています。以前当ブログでこの本に書かれている「BI成熟度モデル」について紹介しました。


 3.BtoC向けマーケティングオートメーション CCCM入門(岡本泰治、橋野学)

3.jpg

以前当ブログでも紹介し、バズワードになっているマーケティングオートメーション教科書(主にBtoC向け)といえる本。

まだ概念が曖昧なマーケティングオートメーションを、CCCM(クロスチャネル・キャンペーン・マネジメント)と呼ばれる複数チャネルを横断してOne-to-Oneコミュニケーションを実現するソフトウェア(主にBtoC向け)と見込客管理を目的としたソフトウェア(BtoB向け)に分類し、CCCMについてわかりやすく解説しています。

ベンダー各社から出ているツール紹介やベンダー担当者へのインタビューも記載されています。

 4.マーケティングオートメーション入門(電通イーマーケティングワン)

4.jpg

見込客管理を目的としたBtoB向けのマーケティングオートメーション教科書といえる本。

マーケティングオートメーション導入の前提となる「マーケティングファネル」の各段階(リードジェネレーション、リードナーチャリング等)について丁寧に説明されています。BtoB向けのマーケティングオートメーション導入から活用までに考えるべきこと、やるべきことがわかりやすく整理されています。

■データベース関連おすすめ本

 5.SQL実践入門(ミック)

5.jpg

  SQL入門書ではなくパフォーマンスの良いSQLを書くためのSQL実践本です。

  SQLだけでなくデータベース内部のアーキテクチャについても丁寧に解説されています。

  データ量増加に伴い発生するパフォーマンス問題を解決するためのヒントが満載です。

 6.達人に学ぶDB設計徹底指南書(ミック)

6.jpg

こちらもミックさんというSI企業でデータベースエンジニアとして働かれている方が書かれたデータベース設計本。データベース設計の基礎からやってはいけないバッドノウハウが書かれた実践までこちらの本も丁寧に解説されています。

データベースは1度定義してしまうと、後で変更するのが非常に厄介なものです。そうならないためのデータベース設計の基礎が本書で学べます。

■プロジェクトマネジメント関連おすすめ本

 7.世界一わかりやすいプロジェクトマネジメント(G・マイケル・キャンベル)

7.jpg

プロジェクトマネジメントの教科書といえる本。

PMBOK知識エリアが羅列されている他のプロジェクトマネジメント関連本とは異なり、業務で使える実践的な手法・ノウハウが満載です。

本書に記載されている「プロジェクト成功の12の黄金律」は、プロジェクトマネジメント業務を行う上での指針となっています。(まだまだ実践できていないことだらけですが。。)

 8.「IT専門調停委員」が教えるモメないプロジェクト管理77の鉄則(細川義洋)

8.jpg

タイトル通りプロジェクトマネジメントでモメないためのノウハウ本。

プロジェクト提案から完了までの各フェーズで起こりがちな問題とその防止策・心がけがわかりやすく記載されています。プロジェクトマネジメント業務における抜け漏れチェックに重宝しています。

いかがでしたでしょうか?


今回はマーケティングシステム分野に関わってきた私のまさに座右の書といえるものを紹介しました。これからマーケティングシステム分野に関わる方へのヒントになれば幸いです。

メールマガジンのご登録はこちら

現場の最前線活躍する社員が執筆するマーケティングコラムをメールマガジンとして配信しています。
お陰様で多くの企業の購読者様よりご好評頂いているメールマガジンです。
実務に役立つセミナー情報も随時お届けしています。

FUSION(フュージョン)は戦略策定から購買データ分析、クリエイティブ制作、効果測定まで、
ダイレクトマーケティングに関わる業務全てを担う体制でサポートをご提案します。
お気軽にお問い合わせください。

数々の受賞実績のノウハウを詰め込んだ
フュージョンのマーケティングサービス

ダイレクトマーケティングのすべてを、eラーニングで学ぶ 無料資料をダウンロード

RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES

数々の受賞実績のノウハウを詰め込んだ
フュージョンのマーケティングサービス