FUSION directmarketing agency

JP / EN

MENU

TOPICS MARKETING COLUMN マーケティングコラム

MARKETING
COLUMN
マーケティングコラム

目的別 Web広告の有効な使い方

Web広告はマス広告に比べて詳細にターゲティングできるため、One to Oneに近いマーケティングを行えるという特長があります。

様々な広告の種類がありますが、使いどころを間違えると「費用をかけたのに効果が出なかった」という結果になりかねません。それでは、どのように使えば効果的なのでしょうか。

一口にWeb広告といっても、その広告に触れるユーザーの状況は一律ではありません。商品を全く知らない未認知の状態から、すでに購入したことがある既存顧客までいくつかのステップがあります。どの層にアプローチしたいかによってWeb広告を使い分けるとよいでしょう。

代表的なWeb広告の種類と、それぞれの主な用途をまとめました。



▼純広告
特定のWebサイトの広告枠を一定期間買い取って表示する広告です。
不特定多数の人に対して自サービス・商品を認知させることに向きます。

【代表例】
・Yahoo! などポータルサイトのバナー広告
・メディアサイトのバナー広告、テキスト広告

【メリット】
・買い取りなので、契約した期間は必ず表示される
・あらかじめ、どこに表示するか指定できる
・ユーザー属性でフィルタリングしないため、潜在的な多数のユーザーにリーチできる
・メディアサイト等の場合、媒体属性によってある程度ターゲティングできる

【デメリット】
・広告単価が高い
・広告効果を測定しづらい

【主な用途】
・需要の喚起
・ブランド、商品の認知拡大およびブランディング

▼ディスプレイネットワーク広告
広告枠が設定されているWebサイト・ブログ等に配信する広告です。
特定の媒体を指定して出稿することもできますが、ターゲットユーザーと相性のよさそうなサイトのカテゴリ等を指定したり、表示対象とするユーザーの属性や行動履歴を指定して出稿することが一般的です。
入札制で、最も条件の良かった広告主の広告が表示されます。

【代表例】
・Googleディスプレイネットワーク
・Yahoo!ディスプレイアドネットワーク
・MicroAd BladeなどのDSP (Demand Side Platform)

【メリット】
・一つの管理画面から複数の媒体に出稿できる
・アドネットワークの機能により、ユーザーや媒体をセグメンテーションして出稿できる
・少額からでも運用できる

【デメリット】
・入札制なので、必ずしも広告が表示されるとは限らない
・どの媒体のどの場所に広告が表示されているか完全に把握することは難しい

【主な用途】
・潜在的ユーザーへの認知拡大

▼SNS広告
SNS(ソーシャルネットワークサービス)内で表示する広告です。
SNSで蓄積されたユーザー属性情報をもとに、細かくターゲットを設定できます。

【代表例】
・Facebook広告
・Twitter広告

【メリット】
・広告を露出するユーザー属性を細かく指定できる
・広告をユーザーがシェアできるので、波及的効果が期待できる
・少額からでも運用できる

【デメリット】
・SNS内で閲覧されるためリーチできる範囲が限定的
・広告自体がコンテンツとして魅力的でない場合、注目されづらい

【主な用途】
・潜在的ユーザーへの認知拡大

▼ リスティング広告(検索連動型広告)
検索エンジンでの検索キーワードに応じて、検索結果に表示する広告です。
広告がクリックされるごとに費用が発生します。
入札制で、最も条件の良かった広告主の広告が表示されます。

【代表例】
・Google AdWords
・Yahoo!プロモーション広告

【メリット】
・検索キーワード=ユーザーが自覚しているニーズに応じて広告が表示されるため、購入などのコンバージョンに結びつきやすい
・少額からでも運用できる

【デメリット】
・ニーズを言語化できていないユーザーへはリーチしづらい
・入札制なので、必ずしも広告が表示されるとは限らない

【主な用途】
・顕在的ユーザーのコンバージョン誘導

▼リターゲティング広告 (リマーケティング広告)
自サイトの訪問履歴がある人が他のサイトを見ているときに表示し、再訪を促すための広告です。
Google AdWordsでは「リマーケティング広告」、Yahoo!プロモーション広告では「リターゲティング広告」という名前で提供されています。

【代表例】
・Google AdWords
・Yahoo!プロモーション広告

【メリット】
・一度認知されたユーザーにリーチできるためコンバージョンにつながりやすい

【デメリット】
・ほかの広告と組み合わせて利用することで効果を発揮するため、プランニングや運用に知識と経験が必要となる

【主な用途】
・顕在的ユーザーのコンバージョン誘導
・顕在的ユーザー、既存顧客との関係維持

まとめると、各広告の得意分野は以下のようになります。
必ずしも以下のターゲットに絞るべきということではなく、細かな施策によってアプローチできる範囲は異なりますが、得意分野を押さえておくとWeb広告のプランニングを行いやすくなります。

20160609_webad.png



フュージョンでは、ダイレクトマーケティングの知見をWeb分野にも活用し、ユーザーの興味関心やニーズに応じた広告の運用をサポートします。
Webを活用したプロモーションについてもお気軽にご相談ください。

▼フュージョンお問い合わせフォーム
https://www.fusion.co.jp/contact/pc.html

※本記事は、フュージョンメールマガジンのバックナンバーです。
この記事のようなマーケティングに関わる話題を月2回ほど配信していますので、ぜひご登録ください。
▼フュージョンメールマガジンの配信登録はこちら
https://www.fusion.co.jp/contact/mailmagazine.html

メールマガジンのご登録はこちら

現場の最前線活躍する社員が執筆するマーケティングコラムをメールマガジンとして配信しています。
お陰様で多くの企業の購読者様よりご好評頂いているメールマガジンです。
実務に役立つセミナー情報も随時お届けしています。

FUSION(フュージョン)は戦略策定から購買データ分析、クリエイティブ制作、効果測定まで、
ダイレクトマーケティングに関わる業務全てを担う体制でサポートをご提案します。
お気軽にお問い合わせください。

数々の受賞実績のノウハウを詰め込んだ
フュージョンのマーケティングサービス

ダイレクトマーケティングのすべてを、eラーニングで学ぶ 無料資料をダウンロード

RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES

数々の受賞実績のノウハウを詰め込んだ
フュージョンのマーケティングサービス