FUSION directmarketing agency

JP / EN

MENU

TOPICS MARKETING COLUMN マーケティングコラム

MARKETING
COLUMN
マーケティングコラム

まずはここから――実践的マーケティング本6選

2016年のマーケティング業界における象徴的な出来事として、米国DMAの正式名称がDirect Marketing Association(ダイレクトマーケティングアソシエーション)からData & Marketing Association(データ&マーケティングアソシエーション)に変わったことが挙げられます。

現代のマーケティングはダイレクトであることが大前提であり、そのためのデータ活用が当たり前となったことをよく表しています。

データを活用し、顧客の状況や嗜好に合わせたマーケティングを行って大きな成果を上げる企業がある一方で、なかなかデータにもとづくきめ細かなマーケティングに舵を切れない、どのように始めてよいのか分からないという企業からご相談をいただくことも多くなっています。

そこで今回は、データを活用したマーケティングの「最初の一歩」を踏み出すのに役立つ書籍を何冊かご紹介します。比較的新しく実践的な書籍を選びましたので、現在の潮流を知った上で、実際に手を動かしたり自社への応用を想像したりしながらマーケティング施策を考えられるセレクトとなっているかと思います。


※時代に左右されないマーケティングの基本や、より専門的な情報を知りたいという方は、以前の選書もご覧ください。

▼時間を取って読みたいマーケティング本6選
https://www.fusion.co.jp/staff/2015/12/markething-book-list/

▼マーケティングシステム関連おすすめ本8選
https://www.fusion.co.jp/staff/2015/08/post-249/



『数字思考力×EXCELでマーケティングの成果を上げる本』

20161220_01.jpg

データを使ってマーケティング施策を立てたことがない、いきなり専門ツールを導入するのはハードル高い、といった方におすすめです。また、研修などの教材としても使いやすい1冊です。

この本で紹介されている手法やExcelの使い方はごく初歩的なものばかりです。だからこそ理解に時間をかけず、手を動かして習得できます。集計と分析の違い、データを分析する際の基本的な考え方、分析結果をもとにした施策の立て方まで実践を通して身に付けましょう。

▼公式ページ
http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798146393



この1冊ですべてわかる CRMの基本

20161220_02.jpg

顧客に合わせたマーケティングを実施し、ロイヤリティを高めていくには顧客関係管理=CRMの考え方が欠かせません。

この本はタイトルの通り、「CRMとは何か」から実際の運用イメージ、事例までコンパクトにまとまっています。また、網羅的でありながら、ソーシャルCRMやビッグデータの活用など今日的なトピックにも触れられているのが特徴です。

自社にとっての優良顧客を見つけたい、育てていきたいと思っている方が最初に読む1冊としておすすめです。

▼公式ページ
http://www.njg.co.jp/book/9784534052261/



顧客を知るためのデータマネジメントプラットフォーム DMP入門

20161220_03.jpg

データマネジメントプラットフォーム=DMPを活用できると、自社のビジネスに合ったセグメントに効率よくアプローチし、見込み客をコンバージョンにつなげられるようになります。

この本では、DMPの定義・事例から運用の仕方、具体的なツール・ソリューションまでを展望できます。またDMPの導入にあたって、どのような人材が必要となるか、どのような組織を作り上げていけばよいかまで提言されているのも特徴です。

▼公式サイト
http://book.impress.co.jp/books/1113101113.php



アドテクノロジーの教科書

20161220_04.jpg

デジタル広告はマス広告に比べ、きめ細やかなターゲティングが可能という特長があります。この本では、そのデジタル広告を実現するテクノロジーやツールについて、成立背景から活用方法まで詳しく解説されています。

広告の種類と役割、効果測定方法もまとめられているので、自社に適切な広告を選択し、PDCAサイクルを回していくためのヒントが得られます。

▼公式サイト
http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798144603



マーケティングのKPI 「売れる仕組み」の新評価軸

20161220_05.jpg

この本は、コンタクトできているがまだコンバージョンには至っていない見込み客=リードをいかに獲得しマネジメントしていくか、という視点から書かれています。

見込み客とひとまとめにするのではなく、興味関心のステージや優先度によってリードを分類し、それぞれにどのようにアプローチしていくのかが分かりやすくまとめられています。またそういった視点でマーケティングを行う際の評価軸=KPIについて、定義、計算方法、どんな場合に使うのかが一覧にされているので、自身のビジネスの目標設定に活用できるのも特長です。

書籍のタイトルからは分かりづらいですが、特にBtoBマーケティングに取り組む方やBtoCでも検討期間の長い高額商材を扱う方におすすめです。

▼公式サイト
https://eb.store.nikkei.com/asp/ShowSeriesDetail.do?seriesId=D2-00254270B



究極のBtoBマーケティング ABM(アカウントベースドマーケティング)

20161220_06.jpg

こちらもBtoBマーケティングにおすすめの1冊です。

アカウントベースドマーケティング(ABM)とは、ターゲットとする企業(アカウント)を定義した上で、そこに戦略的にアプローチするというマーケティング手法です。この数年、特に米国で注目を浴び、今年になって日本でも専門の書籍が発行されるに至りました。

ABMとは何か、ABMの向く企業と向かない企業、活用することでどのような課題を解決できるのかといったことが網羅的にまとまっています。

前述の『マーケティングのKPI 「売れる仕組み」の新評価軸』と合わせて読むのもおすすめです。

▼公式サイト
http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/itpro-s/book/dtl/itp061.html



いかがでしたでしょうか。
気になる本があれば、年末年始のお休みなどにぜひ手に取ってみてください。



フュージョンはマーケティングエージェンシーとして来年もお客様の課題解決を全力でサポートしてまいります。ご相談などございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

▼フュージョンお問い合わせフォーム
https://www.fusion.co.jp/contact/pc.html



※本記事は、フュージョンメールマガジンのバックナンバーです。
この記事のようなマーケティングに関わる話題を月2回ほど配信していますので、ぜひご登録ください。

▼フュージョンメールマガジンの配信登録はこちら
https://www.fusion.co.jp/contact/mailmagazine.html

メールマガジンのご登録はこちら

現場の最前線活躍する社員が執筆するマーケティングコラムをメールマガジンとして配信しています。
お陰様で多くの企業の購読者様よりご好評頂いているメールマガジンです。
実務に役立つセミナー情報も随時お届けしています。

FUSION(フュージョン)は戦略策定から購買データ分析、クリエイティブ制作、効果測定まで、
ダイレクトマーケティングに関わる業務全てを担う体制でサポートをご提案します。
お気軽にお問い合わせください。

ダイレクトマーケティングのすべてを、eラーニングで学ぶ 無料資料をダウンロード

RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES