FUSION directmarketing agency

JP / EN

MENU

TOPICS MARKETING COLUMN マーケティングコラム

MARKETING
COLUMN
マーケティングコラム

あえて紙で読みたい、Webマーケティング・デジタルマーケティングの教科書

Webマーケティング、デジタルマーケティングは日進月歩。

毎日のように新しい技術やツール、手法が登場しています。

現代のマーケティングにおいてWebやデジタルツールの活用は欠かせませんが、情報に追いつこうとするあまり情報に振り回されてしまい、うまく使いこなせていないというケースはよくあります。

活用したいと思っても何から手を付けたらいいのか分からないという方もいるでしょう。

Webマーケティング、デジタルマーケティングについては、インターネット上に多くの情報があり、知りたいことが具体的になっているときにはとても役に立ちます。最新の技術やツール、個別の方法論について知るにもインターネットには利があります。

一方で、まずは概要を知りたいという場合、インターネット上の情報は大量かつ多種多様なのでどれを参照したらよいのか途方に暮れてしまうでしょう。

また、分からないこと、知りたいことがある都度検索するのでは、全体像をなかなか把握できず、部分ごとの最適化に陥ってしまいがちです。

部分部分がうまく連関していないと一貫した顧客体験を提供できず、マーケティング施策全体としては非効率になったり、かえって利益の悪化を招いてしまうことすらあり得ます。

技術や手法の全体像を把握し、その時点でどんな情報が必要なのか判断するための前提知識を身に着けるには、一冊にまとまった紙の本が便利です。

インターネット上の情報は、ある日突然消えてしまったり、読み返そうと思っても後から見つけづらかったりもするものです。何度も繰り返し参照したい場合にも、手元に置いておける媒体のほうが心強いでしょう。

本日は、Webマーケティング、デジタルマーケティングの教科書ともいえる紙媒体の本をピックアップしてご紹介します。

以下の条件を念頭に選んだ3冊です。

・マーケティングの全体像を見通すのに役立つ

・古びない、新しい技術やツールが登場しても無駄にならない

・何度も読み直せる

デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法

オイシックスドット大地株式会社など第一線で活躍するマーケターである西井敏恭氏の著書です。

売上の基盤を強固にするには、顧客との関係構築が必須だという考え方をベースに、データの分析・活用にもとづく、新規顧客獲得・リピート客育成手法を詳細に説明しています。

特に、新規顧客をいかにリピート客に転換するかという点、および顧客との関係維持・強化について紙面が割かれ、それらを実現するための手法を優先度も含めて解説しています。

「人的リソースや資金が限られていて、できる施策は限られている」「集客しても売上や利益につながらない」といった悩みをお持ちの方に特におすすめです。

この本に書かれていることをきちんと理解すれば、状況ごとに、何をすべきかを判断し、リソースを集中させられるようになるでしょう。

20171130_01_digitalmarketing_l.png

出版社公式サイト:
https://www.shoeisha.co.jp/book/campaign/digital_promo/

アドテクノロジーの教科書 デジタルマーケティング実践指南

アドテクノロジーとは、インターネットを中心とするデジタル媒体において、広告を効果的に運用するための技術やシステムのことです。

『アドテクノロジーの教科書』は、アドテクノロジーの歴史を踏まえて、各技術の説明をするとともに、媒体やクリエイティブの特徴と活用方法、効果測定方法、国内の事例を紹介しています。

「教科書」的な概説と実践内容のバランスがよいという点が特長です。

アドテクノロジーは仕組みが複雑で、用語においてもアルファベットの略語が多数登場するなど、なじみのない方には分かりづらいものです。

この本では、現代の広告配信技術にいたった歴史を踏まえてアドテクノロジーの概要が説明されているため理解しやすくなっています。

また、一般的にデータを計測しづらいと思われているブランド広告の効果、オンライン広告のオフライン購買への寄与といったケースについても、具体的な手法や事例を挙げて説明されています。

広告を出しっぱなしにするのではなく、効果測定と分析を踏まえて、よりよい配信方法、コミュニケーション方法を構築していくという視点で書かれているので、アドテクノロジーを利用したマーケティング施策を俯瞰して把握することができます。

アドテクノロジーの進化は激しいので、本書で紹介されている技術やプラットホームは、数年後には「時代遅れ」になっている可能性もあります。

しかし、考え方や基本的な方法論を身に着け、それまでの経緯を体系的に把握しておくことで、新しい情報に溺れず必要な情報を取捨選択できるようになるものと思います。

20171130_02_adtech_l.jpg

出版社公式サイト:
http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798144603

「やりたいこと」からパッと引ける

Google アナリティクス分析・改善のすべてがわかる本

大手企業でWebアナリストを歴任してきた小川卓氏による、Googleアナリティクスの解説本です。

Googleアナリティクスは最もよく使われているアクセス解析ツールであり、無料であっても、様々な切り口で詳細な分析ができる点が魅力です。しかし、いろいろなデータが見られるあまり、あれもこれもと気になって数字に振り回されてしまうこともあります。

この書籍では、実際の施策に反映できるか、ビジネス上の成果につながるかという視点から、特に活用すべき機能に絞ってGoogle アナリティクスの使い方を説明しています。

タイトルにもあるように、機能名ではなく「やりたいこと」からページを引けるのも、実務において使いやすい点です。

さらに、ツールの使い方だけでなく、そこで得られた情報をどう判断して施策を構築・改善していけばいいのかということも詳しく説明されています。

アクセス解析といっても、結局PV数などの数値の集計に留まってしまう、得られたデータがどういう意味を持つのか解釈できない、施策に反映できない、という方にはぜひ読んでみていただきたい本です。

20171130_03_GA_l.jpg

出版社公式サイト:
http://www.sotechsha.co.jp/pc/html/1175.htm

Webやデジタルの分野は変化が激しいため、目先の情報に振り回されがちですが、立ち止まって全体を眺めることも重要です。

紙の本は、紙面の制約もあり、あらゆる情報を掲載することはできません。しかし、だからこそ特定の切り口でパッケージされた情報を効率よく吸収できるのです。この選書が少しでも情報選択のご参考になれば幸いです。

フュージョンでは、Webやデジタルツールを活用したマーケティング施策の企画立案から運用、効果測定、改善提案までをワンストップでサポートします。

デジタルマーケティングに課題をお持ちであればお気軽にご相談ください。

▼フュージョンお問い合わせフォーム

https://www.fusion.co.jp/

※本記事は、フュージョンメールマガジンのバックナンバーです。

この記事のようなマーケティングに関わる話題を月2回ほど配信していますので、ぜひ以下よりご登録ください。

メールマガジンのご登録はこちら

現場の最前線活躍する社員が執筆するマーケティングコラムをメールマガジンとして配信しています。
お陰様で多くの企業の購読者様よりご好評頂いているメールマガジンです。
実務に役立つセミナー情報も随時お届けしています。

FUSION(フュージョン)は戦略策定から購買データ分析、クリエイティブ制作、効果測定まで、
ダイレクトマーケティングに関わる業務全てを担う体制でサポートをご提案します。
お気軽にお問い合わせください。

ダイレクトマーケティングのすべてを、eラーニングで学ぶ 無料資料をダウンロード

RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES