FUSION directmarketing agency

JP / EN

MENU

TOPICS MARKETING COLUMN マーケティングコラム

MARKETING
COLUMN
マーケティングコラム

Webマーケ初心者が押さえておきたい Webからの売上アップのための3Step

こんにちは。
フュージョン株式会社の肥田です。

4月にフュージョンに入社し、Webマーケを始めて数か月ですが、
社内外の案件を通じて、
SNS運用や広告運用、サイト設計などの業務に携わってきました。

今回は、
「Webマーケ初心者だが、自社サイトの売上を上げたい」
「Webサイトの売上アップを任されたが、何から始めたらよいかわからない」
という方に向けて
Webマーケを学び始めて数ヶ月の私が押さえておきたいと思う、
Webからの売上アップのための3ステップをご紹介します。


========================
1. 売上構造を分解する
========================
当たり前のことですが、売上アップが目標であれば、
何をどうすればよいかを明確にしておく必要があります。
そのために、まずはWebの売上を分解して、それを達成するための指標を把握しましょう。

<Webの売上構造>


一般的に売上は、「客数×客単価」で表現できます。
これはWebに限らず、実店舗などでも同様です。

Webで特徴的なのは、客数の構造です。
Webでは客数を「表示回数×CTR×CVR」に分解することができます。

構造上、表示回数・CTR・CVRのどれかを伸ばせば売上は伸びるわけですから、
Webからの売上アップを目標とするうえでは
とりわけ重要な指標となります。


========================
2. 具体的な数値目標を決める
========================
売上は「表示回数 ×CTR× CVR × 顧客単価」で求められるので、
売上アップのためには、
・表示回数を増やす
・CTRを改善する
・CVRを改善する
といった方法があることは上で説明した通りです。

しかし、これではすこし漠然としすぎているので、
もう少し具体的に数値目標を立ててみます。

例:「Webからの売上10%UP」が最終目標である場合
Webサイトの現状が以下のようであるとします。
(ここでは簡略化しています。)

売上(100,000)
= 表示回数(400,000) × CTR(2.5%)CVR × 顧客単価(500円)となっています。

ここで、売り上げを10%UPするために、
表示回数を増加させ、CTRとCVRを改善するとします。


このように、
・表示回数を1.0%増やす
・CTRを0.1%改善する
・CVRを0.2%改善する
という目標が達成できれば、売上10%UPを達成できることがわかります。

目標を考えるときは「CTRを改善する」といった
漠然としたものにならないよう、具体的な数値を用いることが大切です。

また、例では簡略化のため「表示回数・CTR・CVR」としていますが、
CTRを0.1%改善するために、
・検索エンジンのCTRを〇%改善する
・リスティング広告のCTRを〇%改善する

CVRを0.2%改善するために
・申し込みフォームでの離脱率を〇%改善する
・LPでの直帰率を〇%改善する

というように、
チャネルやメディア、タッチポイントごとの目標を設定すれば、
売上への貢献が期待できます。


========================
3. 施策に落とし込む
========================
売上構造を分解して、各指標に対して具体的な数値目標を立てたら、
以下のように施策に落とし込んでいきます。

リスティング広告のCTRを〇%改善するために、
・広告のクリエイティブを見直す

申し込みフォームでの離脱率を〇%改善するために、
・入力項目数を最適化する

LPでの直帰率を〇%改善するために
・広告のクリエイティブやテキストとLPの整合性をとる

1~3のステップを図式化すると以下のようになります。



以上のような手順を踏むことで、
・どの指標を確認すればよいか
・今取り組むべき目標は何か
ということがわかりやすくなります。
Webマーケの初心者の方や、
どうしたらよいかわからないWebマーケ担当の方は
これらを押さえることから始めてみてください。


========================
最後に
========================
Webマーケティングのよい点として、
上で説明したような指標を簡単に計測できることがあります。

Google Analyticsというツールを使えば
自社のWebサイトへのアクセス数やページの閲覧状況などを知ることができますし、
また、Google Search Consoleというツールを使えば
自社のWebサイトがどんなワードで検索されているかを知ることができ、
よりクリック数を高めることのできる広告施策の設計ができます。

これらのツールはすべて無料で使用できるツールなので、
まずWebサイトの現状把握や、施策の効果検証ができないなどの状況であれば、
ぜひとも導入をおすすめします。


目標はあるのにどうやってそこに向かって進んで行ったら分からない、注力すべき要素が分からない、
というお悩みをお持ちであればお気軽にフュージョンまでご相談ください。
現状把握から目標の設定、施策の企画・運用まで
ワンストップのダイレクトマーケティングエージェンシーとして、お客様をサポートいたします。


▼フュージョンお問い合わせフォーム
https://www.fusion.co.jp/contact/

※本記事は、フュージョンメールマガジンのバックナンバーです。
この記事のようなマーケティングに関わる話題を月2回ほど配信していますので、ぜひ以下よりご登録ください。

メールマガジンのご登録はこちら

現場の最前線活躍する社員が執筆するマーケティングコラムをメールマガジンとして配信しています。
お陰様で多くの企業の購読者様よりご好評頂いているメールマガジンです。
実務に役立つセミナー情報も随時お届けしています。

FUSION(フュージョン)は戦略策定から購買データ分析、クリエイティブ制作、効果測定まで、
ダイレクトマーケティングに関わる業務全てを担う体制でサポートをご提案します。
お気軽にお問い合わせください。

数々の受賞実績のノウハウを詰め込んだ
フュージョンのマーケティングサービス

ダイレクトマーケティングのすべてを、eラーニングで学ぶ 無料資料をダウンロード

RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES

数々の受賞実績のノウハウを詰め込んだ
フュージョンのマーケティングサービス