FUSION directmarketing agency

JP / EN

MENU
OUR WORK

新規顧客の開拓、既存顧客との関係維持により競合店出店による影響を最小化

株式会社いなげや

STORY

株式会社いなげやは東京を中心に100店舗以上展開しているスーパーマーケットチェーンです。当時、そのドミナントエリアに競合店が出店することが判明し、競合店オープン時の売上の落ち込みを最小限に抑え、その後売上を回復できるような対策が求められていました。

私たちはその対策として、ポイントカードの会員に向けて、ダイレクトメールを使って、1年間の長期スパンで新規顧客の開拓、既存顧客との関係維持を行うことをご提案しました。

時期とターゲットを大きく3つに分けて、通算10本以上のダイレクトメール企画を実行し、来店客数の継続維持を実現致しました。

SOLUTION

  • エリア内で特典付きの新規ポイントカード会員募集施策を実施
  • 競合店のオープン前後1ヵ月にわたるスタンプラリー企画を実施
  • 競合店オープン後に3ヵ月来店がなかった会員へ来店ポイント付きのカムバック施策を実施

RESULTS

  • エリア内のポイントカード会員シェア拡大
  • 2ヵ月のロングラン企画で、20%以上の参加率を達成
  • 競合店出店で一時落ち込んだ来客数が翌月には昨年対比100%まで回復

RELATED SERVICES

MORE CASE STUDIES

化粧品・健康食品通販企業
優良顧客との関係維持を5%改善
化粧品・健康食品通販企業
Consulting & Planning Analytics & Research
株式会社長坂養蜂場
ダイレクトメールのレスポンス率を向上させ、スリープ顧客の呼び戻しに成功
株式会社長坂養蜂場
Consulting & Planning Analytics & Research Creative

CONTACT US
サービスに関するご質問・お見積などお気軽にご相談ください