人事ブログ

人の判断に左右する「初期設定」。
2013年08月27日
こんにちは。
パラシュートグループの沖津です。
 
日々の仕事をしていると、相反する要素のどちらがより適しているかを判断することの連続のように感じます。
 
そして、人と人のすれ違いも、この相反する要素についての判断において、
どのような態度を取るかということの志向の違いから生じるように感じます。
 
おそらく人は、あらゆるパラドックスにおいてどちらか一方を好む傾向にあるのでしょう。
 
そんなことを考えていたら、こんな記事を見つけました。
 
 
記事の中には8つの質問が出てきます。
 
1.何かを選択する際、他の人の意見やアイデアを取り入れ、ときには人に選択を任せることもあるか。
  それとも、自分だけで決定して他の人に指示を伝えるのか。
 
2.人が行う「仕事」と、仕事を行う「人」のどちらに注目するか。
 
3.人材の育成にあたり、改善点を指摘して建設的に批判するか。
  それとも、良い点を褒めて伸ばすのか。
 
4.直属の部下と1対1で接するのを好むか、
  それともチームとして接するのがよいか。
 
5.目の前の課題に注力するのを好むか、
  それとも将来どうなるかについて考えるほうか。
 
6.日々の業務遂行を重視し執行に注力するほうか。
   それとも、新たな製品・サービスや方法を生むイノベーションに注力したいか。
 
7.直属の部下や自分のグループと仕事をすることを好むか。
   それとも、組織横断的にさまざまな人たちと仕事をするのを好むか。
 
8.難しい選択を迫られた時、その結果が誰かに与えるかもしれない痛みを気にするか。
 それとも、たとえ一部に痛みを強いたとしても、それ以上のメリットに注目するか。
 
 
これらの選択は、「協議」対「命令」、「仕事」対「人」、「批判」対「称賛」、「個人」対「チーム」、「現在」対「未来」、「執行」対「革新」、「直属」対「全体」、「痛み」対「メリット」の矛盾する選択において、自分がどちらを重視するかについての質問です。
 
記事にあるように、自分の志向を客観的に知っておくことは、きっととても大切なことなのでしょう。
 
そして、同時に、人はその人の「初期設定」に基づいて判断するのだと知っていることで、違う判断をする他者に寛容になることができるでしょう。
採用担当_沖津
2013年08月27日 |