人事ブログ

「とりあえずやってみる」という企業が、採用でも強いという話。
2015年07月28日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

フュージョンは本社が札幌にありますが、お客様も、またご一緒にセミナーなどを共催させていただくパートナー企業も東京の企業が中心です。

いつの間にか、僕自身の「人事仲間」も東京の企業の人事の方ばかりになり、札幌の企業の人事の方と会って情報交換することがめっきりなくなりました。

僕は意図的に、この企業(の人事)は面白そうと思えば、出張の合間にアポを取り会いに行くようにしているのですが、
そうして出来上がったネットワークは本当に貴重で、素晴らしい情報やヒントが得られます。

インターネットの黎明期には、「地方間情報格差がなくなる」と言われたりもしたものですが、現実には全く逆で、首都圏の一部の先進的な企業や人たちと、地方のそれでは大きな格差を感じることが多いです。

例えば、新しく台頭してくるソーシャル系、ダイレクト系、また新卒採用の新興サービスなどをフュージョンは積極的に活用していますが、どのサービスからも「札幌のクライアントは御社だけです」と言われてしまいます。
(大手求人サイトももちろん使っており、その媒体パワーは痛感していますが)
札幌の企業として若干残念に感じます。

これは別に札幌に限った話ではなく、もしあなたが「見慣れない」求人サービスをチェックしてみると、そこにはいつも似たような顔ぶれの企業(たいていが首都圏の成長ベンチャー)が並んでいることに気がつくでしょう。


新しければいい、ということが言いたいわけではなくて、首都圏の先進的な企業の人事仲間と話していると、「新しいサービスはとりあえず使ってみる」という身軽さを持ち、現場の判断に裁量が任されている企業だと感じます。


これから先、ビジネス社会の変化のスピードは、いまよりもさらに増すでしょう。
採用に関しても同じことが言えます。

その変化やスピードについていく、ついていかない、というのはまた別の議論ですが、大切なことは「ついていけない」企業にならないことです。


過度な承認、根回し、調整などが必要になり、身体と思考が重くなってしまって、結果としてついていけない状態になっているのが最悪です。


採用に限らない話かもしれませんが、スムーズかつ、チャレンジングな企業でありたいものです。
身軽さが武器である時代なのだと思うのです。

採用担当_沖津
2015年07月28日 |