人事ブログ

競争優位をもたらすもの。
2014年09月30日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

仕事柄、初対面の人に会社のことをお話する機会が多くあります。


会社が成長して来た背景や成長戦略について聞かれることも多くあるのですが、いつもどう答えたらよいか頭を悩ませます。


なぜなら、結局のところ、特別な秘訣があるというよりは、
「難しいと思うことや面倒だと思われることを、一貫してやり続けてきたこと」に尽きるのではないかと考えるからです。


「マーケティング」という仕事には、洗練された戦略やテクノロジーなどのイメージが付きまとうのかもしれませんが、お客様の課題解決の裏側には、極めてアナログ的な泥臭い「現場」が存在します。


どこに競争優位性があるのかと言えば、スマートなイメージとは裏腹の泥臭いお客様のニーズの拾い上げや情報収集、地道な提案とその実行があるからに他ならないのではないかと思います。

つまり、たとえば「大上段に戦略を語るだけ」「ツールやシステム提供だけ」で参入しようとすると、それはマーケティングという仕事の本質が分からずにクライアントへの付加価値をあげることができないのだと思うのです。

この世界で生き残るためには、本腰を入れてクライアントのパートナーになることが大前提ではないでしょうか。


そのような泥臭い活動を一貫してやり続けることができる組織こそ、「競争優位」というものを築くことができるのではないか。
そう考えるからこそ、冒頭の質問に一言で答えるのは難しいというのが本音です。


私達が新しい仲間として加わってくださる方々に求めていることも、クライアントのパートナーとして、本気で知恵を絞り、泥臭く粘り強く実行できることです。
全員がマーケティングパートナーとして、お客様の課題解決に邁進できる組織でありたいものです。

採用担当_沖津
2014年09月30日 | 
サーヴァントリーダーであること。
2014年09月25日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

先日このブログでお伝えしていましたが、先週から今週にかけて、神戸大学大学院経営学研究科の学生さんが「創造性のマネジメント」の研究のためにフュージョンを訪ねてくださいました。
僕も含めて10名もの社員にインタビューをしてくれました。

インタビューを経て、「組織文化やビジョンがリアリティをもって共有されている」という感想をくれました。
そう感じてくれたことは、人事に関わるものとして大変嬉しいことですね。
社長を中心にビジョンや理念を共有することにこだわってきた一つの現われであれば、素直に喜ばしいことです。



神戸大学の金井壽宏先生のゼミ生ということで、最近出版された金井先生とサイバーエージェントの人事本部長曽山哲人さんの共著『クリエイティブ人事』をプレゼントしてくれました。

09251.JPG



金井先生のサイン(?)入り。(光栄です。ありがとうございます。)

09252.JPG


『クリエイティブ人事』の中にもありますが、人事の仕事は、「人の才能を活かして、会社の業績を上げること」だと思います。


自分がクリエイティブであるかと問われるとまだまだだと思いますが、「サーヴァントリーダー」(奉仕型リーダー)ではありたいと強く思っているところです。

それぞれが才能や情熱を注ぎたいと思っていること、あるいはそのように取り組めそうなことを察知し、その実現に向けて先回りし、環境を整備しておくということ。

そのことは誰の目にも留まる劇的な変化とはかぎらないけれど、小さな影響がいつか大きな結果の下地になっている。
制度や施策のおかげと思われる必要もなく、自らが主体的に働き、行動した結果、気がついたら成長している。


そんな状態が理想です。


人にも会社にもそういう影響をあるような仕事を心がけていたいと考える最近です。

採用担当_沖津
2014年09月25日 | 
真剣に仕事して、真剣に面白いことができる仲間。
2014年09月08日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

9月の最初の土曜日は、恒例半年に一度の全体会議でした。

資格取得者、永年勤続などの表彰や新入社員紹介に続いて、

4.JPG

上期の振り返りと下期の方針を全員で確認します。


真剣に会議に臨んだ後は、これまた恒例の全社懇親パーティーです。
今回は、ミュージックラウンジを借りきって「大人のクラブ」風イベント。

社員がDJを努めて、心地よい空間を作ってくれました。

5.JPG

司会を努めてくれたのは新卒組。
「愛が欲しい」Dr.井上、関西テイストの軽妙な司会で場を最高に盛り上げてくれました。

3.JPG

こちらも恒例、豪華景品の当たるゲームや、

6.JPG

サプライズでのお祝い。

7.JPG


この日最大の盛り上がりを見せたのは、
Speed Stucksの決勝トーナメント。

8.JPG

予選前から「負ける気がしない」と豪語していた花井さんが、充当に強さを見せつけました。
9.JPG

この日のドレスコードは「フュージョンブルー」。
みんな趣向を凝らした青で参加してくれました。

ベストドレッサー賞は、
ブルーマンと・・

2.JPG


富士山でした。

10.JPG

最後は、いつもパーティーを盛り上げてくれる宴会部長・三浦さんにサプライズで感謝の表彰。
終身名誉宴会部長を襲名しました。

1.JPG

社員の一人が「真剣に仕事して、真剣に面白いことするみなさんが好きです。」と言っていましたが、本当に同感です。

一緒に働く仲間が好きだと実感するたびに、また頑張ろうと思えます。

下期もまた真剣に仕事をして、また半年後、真剣にみんなで楽しむために、今日からリスタートです。

採用担当_沖津
2014年09月08日 | 
「組織の創造性」は、助けあいの文化。
2014年09月01日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

神戸大学大学院経営学研究科の学生さんから、「創造性のマネジメント」の研究対象としてフュージョンを取り上げたいという依頼をいただきました。


DM大賞連続受賞という実績に目をつけてくれたようで、フュージョン内では「どのように従業員の創造性をマネジメントしているのか」「どのような創造性が発揮されているのか」ということを調査したいということでした。

神戸大学大学院の金井壽宏先生は、この分野での第一人者で、僕も著作や監修した本を読んだことがあります。
その金井先生の研究室の調査ということですから、フュージョンに目をつけてくれたのは、非常に光栄です。


「組織の創造性」は非常に難しいテーマで、自覚的な取り組みもあれば、意図せざる結果のような部分もあると思います。

後者(意図せざる結果として醸成された文化のようなもの)を外部の方が客観的に調査してくれて、体系的に論文にまとめてくれることは、私達にとっても、逆にそこからまた学ぶことができそうです。


僕が「組織の創造性」と聞いて最初に思い浮かべる会社は、デザインコンサルタント会社のIDEOですが、同社の共同経営者トム・ケリー氏は、「クリエイティブな文化とは、助け合いの文化であり、共創の文化です。」と語っています。


IDEOに学ぶ、組織の創造性を高める法



本当にその通りだと思います。
特別な秘訣があるわけではなく、どんなアイディアも許される、否定や批判をされないという安心感や、助け合い補い合おうとする思いやりの文化こそ、組織として創造的な成果を生む第一歩なのだろうと強く思います。

学問的な考察でいえば、助け合いの文化はいかにすれば生まれるか、なんてことを理屈っぽく考えてしまいそうになりますが、そんなことを理屈で考えるのではなく、目の前の仲間を助ける。そういう行動の積み重ねでしかないのでしょう。

「思いやり」は理屈ではなく、行動でしかないのですから。

採用担当_沖津
2014年09月01日 | 
  • 1

PAGE TOP