人事ブログ

会議と自己責任の機会
2015年01月29日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

先日、会議のあり方について社内で話す機会がありました。


会議のあり方と言えば、誰にでも一家言ありそうなほどそれぞれの考え方があり、「会議の仕方の会議」が延々とできそうなほどですね。


誰が正しいとかいう問題でもないので、難しく結論もない話ですが、会議が会社のカルチャーの多くを体現することも事実だと思います。

会議には様々な目的があり、そして「結果」もあるわけですが、「人を育てる」という視点にだけ限定して話を進めるならば、あくまで個人的な意見としてですが、会議は少ない方がいい、という考え方を僕はしています。



目の前に課題があり、「今、その場で、自分で」考え、意思決定し、アクションを起こして、責任を取らざるを得ないという場数こそが一番人を育てると考えているからです。



会議を待つ、責任を会議に委ねるということが、無意識に会議を責任回避的にしてしまうことが結果として起こりえているのではないかと考えることがあります。

それは、オンラインでの会議とも言うべき、過剰なCCにも言えるかもしれません。


後から文句を言われないように、という心理が働くことを否定はできません。
精神的に楽だから結果として会議やCCを乱発してしまうと、それが結果として自分の成長の機会を奪っており、そしてそれに自覚的でないとしたら、危険なことではないかと思うのです。

逆に言えば、会議を必要最小限に設定し、効率的効果的に使用できることになること自体が、一つの成長の結果を測る目安なのかもしれません。


これも僕が、スピードや自己責任ということに価値を置いているからかもしれません。

皆さんはどう思いますか?

採用担当_沖津
2015年01月29日 | 
就活学生が気づくべき大切な視点。
2015年01月09日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

前回の、学生と成長の話の続編です。

前回は「成長」というキーワードの曖昧さと難しさについて書きましたが、それでも敢えて、学生さんが就職活動を通じて「成長」すべきだと思うことについて書きます。

それは、会社や仕事を選ぶ時に、「消費者(客)」の視点ではなく、「価値を提供する側」に回るという視点で、就職を考えられるようになることではないかと思います。

就職人気企業ランキングに見られるように、多くの学生さんは、就職活動を始めた当初「消費者(客)」の視点で考えています。

だから、「好き」や「知っている」から企業を選択しようとします。
(決してそれが入り口としては悪いわけでもありませんが。)
そして、最後までそこから抜け出せない人が多くいるのもまた確かです。


しかし、考えてみれば当たり前にわかることですが、仕事とは、「誰かに価値を提供すること」で対価をいただく行為です。


この視点に気づいて、そこに立脚して、会社や仕事を選びはじめる人は、就職活動でも断然企業側の受けが違うはずです。
面接で話せることにも大きな違いが出てきます。



これも当たり前ですが、企業は仕事で成果を出せる人を探そうと必死になっています。

そして、仕事で成果を出すためには、「消費者」の考え方で仕事をするのではなく(消費者の「視点」は重要です)、「価値の提供者」の考え方で仕事をしなければなりません。


言われてみれば当たり前のことかもしれませんが、案外ここに立脚できている学生さんも多くはないのも現実です。

「価値の提供者である」(少なくとも「提供者になる」)というのは、前提です。

ぜひこうした視点を持って会社や仕事を考えられる学生さんとお会いしたいと思います。

こんなことについてもお気軽にディスカッションしてみましょう。

学生さん、お気軽にコンタクトください。

採用担当_沖津
2015年01月09日 | 
「成長」という、雲をつかむような話。
2015年01月06日

あけましておめでとうございます。
フュージョンの沖津です。

さて、この年末にこれから就活するという学生さんの相談に乗ることがあり、少し考えてしまうことがありました。


「成長」というキーワードについてです。


その学生さんは「成長できる環境」であることを第一に考えて、これから企業を選んでいくということを話していました。
これから社会に出る若者としては、至極まっとうなことでもあるでしょうし、また企業(特にベンチャー企業など)も、「成長できる環境」であることを謳って人材を集めようとしています。


しかし、そこで期待する「成長」の意味合いが、学生(若者)と企業では少しばかりずれているのかもしれません。
それどころか、成長という言葉の定義は極めて曖昧、かつ、人によってその求めるところに著しい差があるのだと思うのです。


学生は、会社という存在に成長を期待して求めるところ(充実した研修など)があるのでしょうし、企業は、成長できる環境を謳いながらも、当然自律性の高い人、自ら学べる人を必死になって探しています。


成長を自らの将来とその利益、自分の選択肢のために求める個人と、会社の求める成長を察知して貢献できるように成長して欲しい企業の思惑とは、ある時には矛盾し、またある時には合致もするでしょう。


組織に属しているのだから、その組織が機能するために求められることをやるべきだろう、と考えることは、古臭く時代遅れに考えている学生が多いように感じます。
それが結果して君の「成長」になっていることも多いよ、と思うのは、中年の老婆心(こんな言葉あるでしょうか笑)なのでしょうか。


「いいからこれをやりなさい」という仕事の与え方が通じる人もいれば、自分の考える成長の方向性と今の仕事の関係性に納得感がなければパフォーマンスが発揮できない人もいるでしょう。
その見極めや一人ひとりに丁寧に向き合うことも、自身が多くの仕事を抱えている管理職には難しい時代にもなっているとも感じます。


おそらく世に溢れる膨大な情報が、意欲的な若者に「成長」を焦らせるのではないかと思いますが、「成長」を漠然と求める人は、自分が求めるその意味するところをもっと丁寧に考える必要があるのでしょうし、企業の人事、管理職は、そうした一人ひとりに真摯に向き合う努力を続けるべきなのでしょう。
それが難しいことだとしても。

採用担当_沖津
2015年01月06日 | 
  • 1