人事ブログ

興味は知識量に比例する。
2015年04月27日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

先日(4月18日)、『Venture Summit Sapporo』という学生向けのイベントにお誘いいただき参加してきました。

17805_952260574808335_63465257760162695_n.jpg


5分程度の簡単なプレゼンテーションをした後、少人数に分かれてのトークセッションを9回行い、企業と学生のコミュニケーションを図るというイベントでした。


札幌開催のイベントでありながら、札幌本社の会社はフュージョンだけということもあり、なんと全9回全てのセッションで、「なぜ札幌にあるんですか?」という趣旨の質問を受けました(笑)。
こうした成長ベンチャーが集うイベントでは、札幌にあるということ自体が非常に珍しく、差別化となったようです。

「ベンチャー」という言葉ほど定義が曖昧なものもないような気もしますが、一般的には「創業間もない企業ステージ」を指すことが多いような気がします。

しかし、Venture=冒険的事業という本来的な意味合いで考えるならば、創業からの時期というよりは、「既存のカテゴリーには当てはまらない事業」を試みようとする企業、と言えるのではないでしょうか。

既存のカテゴリーに当てはまらないとすれば、その事業は当然わかりづらく、すぐには理解できないと思います。
わかりやすいということは、競争環境が激しいと同義かもしれません。、


今回のイベントも(特に学生さんにとっては)事業内容がわかりづらい会社が多く、なかでもフュージョンは一際わかりづらい会社かもしれません。


当日の司会の方も言っていましたが、興味と好奇心は知識量に比例します。
興味を持てないということを、自分の性格や向き不向きに由来すると考える人が多いですが、実際にはそうではなく、それに関係する知識が足りていないことがほとんどです。
そのことに気がついている人は、知識の習得に貪欲です。

時にわかりやすく伝えることや見せることはとても大切ですが、フュージョンは、わかりづらいことから逃げない会社だと思っています。
(この言葉自体、少しわかりづらいですね笑)

興味の幅を広げるために知識の習得に貪欲な人、
わかりにくいことを考え抜くことのできる知的持久力のある人、
そんな方とお会いしたいと考えています。

採用担当_沖津
2015年04月27日 | 
人材採用におけるカスタマージャーニーマップ=Candidate Experience
2015年04月08日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

昨年「オムニチャネル時代の人材採用」という記事を書きましたが、Candidate Experienceという概念がアメリカのリクルーティング業界で出てきたようです。

こんな記事を見つけました。


How Airbnb Gave Its Candidate Experience a Makeover


アメリカで急成長している宿泊&交流サービスのAirbnbが、人材採用にあたって「採用候補者に理想的な入社プロセスを提供するためのロードマップ」をホワイトボードでマッピングし、採用コミュニケーションのシナリオを描き出し活動している様子が紹介されています。

mapping-candidate-experience-11.jpg


この画像を見てください。
マーケティングに触れている方なら、既に見慣れた「カスタマージャーニーマップ」そのものですね。

※参考
フュージョン社長ブログ より「シナリオ志向・プログラム志向」に変化するキャンペーン設計



まさに採用の世界も「オムニチャネル化」する中で、シナリオを時系列で考え、設計することが求められてきているのだと感じます。


当社もダイレクトリクルーティングを推進しており、特にここ最近、過去になんらかのご縁のあった方々にお声を書け、数年ぶりにお会いするということが続いています。
4月もそんな縁から、エンジニアの方が入社してくれました。
なかには4年ぶり、5年ぶりにお会いする候補者の方もおり、旧友に再会するようで面接で話も弾みます。



当社を知っていただくチャネルも複雑化していますし、新規で知っていただいた方、上記のようにお久しぶりに再会する方などそれぞれに、入社までのプロセスでどのような「体験」を提供できるか、ということを真剣に考え、全社で取り組んでいく必要があるのだと感じる次第です。


Candidate ExperienceをAirbnbのように徹底している組織はまだ少ないでしょうが、候補者との何気ない会話だけでもCandidate Experienceを向上させることは可能だと思います。
まずはすぐに出来る事から始めようと思います。

採用担当_沖津
2015年04月08日 | 
  • 1