人事ブログ

現代のベテランに求められる視点 ー 売上と育成のパラドクスから
2015年09月24日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

先日、社内で「売上と育成のパラドクス」についてディスカッションする機会がありました。


多くの組織(企業に限らず、ですね)で生じる、
「育成だと割り切るならば、結果にはある程度目を瞑らなければならない。
 短期的に結果を求めるならば、ある程度育てるという行為を諦めなければならない。
 しかし、実際は両方を追い求めなければならない。」ということについてです。



問題は、多くのベテランが、若者に「追体験」を期待することではないかと考えることがあります。
つまり、自らが経験してきたことを経験し、自分ができる仕事をできるようになってもらう、ということです。


これ自体は何もおかしい話ではなく、当然の発想だと思います。


しかし、例えば、今の40代や30代後半が「若手」であった時代と、現代のビジネス社会のスピードと求められるクオリティは、まるで違うはずです。
さらに、場合によっては、求められる仕事の性質や「ジャンル」自体が、違うところで価値を生まなければならないということが往々にして出現しているということです。

適切な時間と適切な追体験を経て、「同じ仕事を同じレベル」でできるようになっている頃には、市場自体が変化してしまっているであろうことに意識的であるか否か、という視点が現代の育成側には求められているのではないでしょうか。



だとすれば、何を、どうやって、育成するのか、ということに簡単な解はありません。


おそらく、育成する側に求められることは、社会や市場の変化を見極めながら、企業が描いているビジョンを理解し、時に導き、時にサポートする、ということではないかと思います。
(そこまで考えた結果、追体験が必要である、という判断であれば、何も問題はありません。)

採用担当_沖津
2015年09月24日 | 
アイデンティティ・クライシスの効用。
2015年09月14日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

今月から、神戸大学大学院経営学研究科の学生さんが、「組織の創造性」の研究のために、フュージョンに滞在しています。
1週目は東京オフィス、先週から3週間札幌本社に滞在し、フュージョンを研究してくれます。


先週、その学生さんと議論していて、「アイデンティティ」ということについて考えてしまいました。



言うまでもなく、人や会社にはアイデンティティが必要です。
アイデンティティはモチベーションを促進し、モチベーションが行動を促進し、行動が結果を促進するわけです。



しかし、時として集団にはアイデンティティ・クライシスが訪れます。
要するに、(要因はなんであれ)新しいアイデンティティが芽生え、他のアイデンティティと衝突し、葛藤を起こすことです。


葛藤というと、ネガティヴな印象を与えがちな言葉ではありますが、僕は集団にとって、アイデンティティ・クライシスは、必要な要素だと考えています。

重要なことは、全てのアイデンティティが私達自身や集団の役に立っているのではないということです。
多くの場合アイデンティティ・クライシスは、効果を発揮しないが故に捨てねばならないアイデンティティ、あるいは時代に対応できなくなったアイデンティティについて有益なヒントを与えてくれるからです。



これは、人の一生にも何度か起こってくる現象です。
(この現象に意識的な人も、それほど強く意識しない人もいますが)
アイデンティティ・クライシスを乗り越え、古い価値観や思い込みの殻を破り、新しい価値観を再構築するというステージです。


難しいのは、このアイデンティティ・クライシスを、新しい飛躍のジャンプ台にできるか、
それともただのブレーキにしてしまうか、を分かつものはなにか、ということです。



多様性を意図的に生み出しているということは、アイデンティティ・クライシスを意図時に生み出し、乗り越えることで、成長していこうという意思表示でもあります。

もしそのタイミングと努力が確かなものであれば、新しい価値観を自分たちの潜在意識として再構築することができるはずです。

採用担当_沖津
2015年09月14日 | 
会議が終わるとバスに乗せられ。
2015年09月08日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

このブログを継続的にご覧いただいている方にはお馴染みですが(?)、
毎年3月と9月の第1土曜日は、札幌に全社員を集めての全社会議&懇親パーティーです。

2015年3月「be together. not the same.」
2014年9月「真剣に仕事して、真剣に面白いことができる仲間。
2014年3月「全体会議&After Party @Glove with Aqua style



今年は、会議終了後、ビルの外に出るとバスが迎えに来ていました。
さてどこに連れていかれるのやら...

IMG_0871.JPG

(バスに答えが書いてますが笑)




そう、フュージョンでは5年ぶりのボウリング大会でした。

IMG_0877.JPG

始球式には特別ゲストとして猪木が駆けつけてくれました。

11990498_1026952827339109_5668995705996785369_n.jpg


北海道らしくカニや、

IMG_0878.JPG


なぜか阿修羅...

IMG_0887.JPG




ボウリング終了後は、階下のレストランに移動してのパーティーです。

巨大パエリア。

IMG_0909.JPG

恒例のドレスコードは、今年のトレンドカラー「マルサラ」。

IMG_0897.JPG

急遽、レストランの隣のサブカルショップでゲットしたコスプレグッズを身にまとう大畠さん。

IMG_0895.JPG

一心不乱にシャア専用ズゴックを組み立てる人も。
確かにマルサラっぽい...。

IMG_0904.JPG


ベストドレッサー賞のエンジニア、佐々木さん。

IMG_0908.JPG



毎回全社会議の後のパーティーでは、みんないい顔をしていて、嬉しくなります。

_MG_0126.jpg

いい人を仲間にするために、試行錯誤し、こだわり続けるためには、
会社の仲間が「いい顔」をする機会を増やすことなんだろうなと改めて思います。
(もちろん日常の仕事においても、です)


特定メンバーの恒例行事。

日付が変わってからの羊...。

11988554_886880614714306_2490580152535989284_n.jpg


タフですね。

採用担当_沖津
2015年09月08日 | 
  • 1