人事ブログ

ベトナムに行ってきました。
2013年11月27日
こんにちは。
パラシュートグループの沖津です。
 
久しぶりに先週は更新がお休みしてしまいました。
 
先週は日曜日から金曜日までベトナムに行っておりました。
地元IT企業とのビジネスマッチングイベントへの参加や企業訪問が目的での出張です。
 
現地では、大規模なオフショア開発拠点やBPOセンターを見学する機会が得られました。
 
※BPO(Business Process Outsourcing)=業務プロセスの一部を継続的に外部の専門的な企業に委託すること。
非中核業務を外部委託することで、コスト削減だけでなく、自社のコアプロセスに注力できるメリットもある。
 
トーマス・フリードマンの『フラット化する世界』が出版され、ベストセラーになったのはもう7年以上前ですが、まさに「フラットになっていく世界」を実感する旅でした。
 
グローバル経済の下では、全ての労働者は自分の知らないところで、安価で優秀な労働力と競争させられている、ということがよくわかりました。
 
モチベーションも高く優秀な人材が、日本の10分の1以下のコストで、日本からの仕事を現地を大量に捌いている様子は圧巻でさえありました。
 
最低賃金も年2回更新、毎年15%も上昇しているようで、日本では「失われた中間層」と言われる層が、逆にベトナムで急速に分厚くなっているようでした。
2014年にはイオン、15年には高島屋の出店も決まっているようで、もはや安価な労働力を求めてだけではなく、消費需要を求めての日本企業の進出も増えているようです。
 
こうした「言わずもがな」な現象も、実際に現地で目の当たりにすると、また違った迫力を伴って理解されてきます。
 
「21世紀はアジアの時代」と言われて久しいですが、確かに「工場・生産地」としてではなく、イノベーションセンター・先端地として勃興する日もすぐ近くに来ているかもしれません。
 
※普通、こうした海外ネタブログは写真を使うのでしょうが、もともと写真を撮らない人間なもので、今回観光用に撮影した写真はゼロ…。
相も変わらず文章だけの飾り気のない投稿ですみません…。
採用担当 沖津
2013年11月27日 | 
  • 1

PAGE TOP