コンプライアンス

コンプライアンスに関する方針(皆様へのお約束)

私たちフュージョンは、法律、商慣行、社会倫理などのルールに基づいて企業活動をしています。私たちは、お客さま、取引先、地域社会、従業員をはじめとした皆さまから広く信頼されること、また、企業の社会的責任を果すことによって企業価値を高めたいと考えています。
そのために、私たち取締役、監査役、従業員は、それぞれ期待され、求められる役割を充分に理解し、皆さまの信頼と共感を得るための企業活動を行ってまいります。
法令の順守、お客様の満足、公正取引、職場環境・人材の活用、環境保全、知的財産権の尊重、情報の保護、政治・行政との関係、反社会的勢力との絶縁といったそれぞれの項目について以下のように方針を定め、その精神を尊重することにより社会的責任を果たすことが自らの役割であることを認識し、深い理解に基づいた実践をしていくことを皆さまへお約束いたします。

1. 法令の順守
私たちは、法令を守り、社会的良識に従って行動します。
2. お客様の満足
たちは、常にお客様の満足を第一に心がけ、優れた製品、サービスを提供します。
3. 公正取引
私たちは、品質と価格による公正な競争を行い、取引先と適正な関係を保ちます。
4. 職場環境、人材の活用
私たちは、差別・ハラスメントのない快適で働きやすい職場を維持し、公正・適正な人材の活用を実現します。
5. 環境保全
私たちは、資源を大切にし、地球環境の保全に努めます。
6. 知的財産権の尊重
私たちは、知的財産権の大切さを理解し、他社の権利を尊重し自社の権利を適正に管理します。
7. 情報の保護
私たちは、お客様、取引先、従業員のプライバシーを尊重し、個人情報を厳重に管理します。
8. 政治、行政との関係
私たちは、政治、行政と公正な関係を保ちます。
9. 反社会的勢力との絶縁
私たちは、反社会的勢力とは一切の関わりを持ちません。

コンプライアンス体制

コンプライアンスに関する情報を集約する組織として、取締役、執行役員からなるコンプライアンス委員会を設置しています。またコンプライアンス委員会委員長としてフュージョン株式会社社長を選任しています。

同委員会は、コンプライアンス体制の確立・強化に必要な施策の立案・実施、定期的な情報共有、問題の把握と解決を担い、高い倫理観をもった事業活動が行えるような組織体制を整えています。

コンプライアンス浸透に向けた取り組み

新入社員研修
フュージョンでは、新卒、中途採用ともに入社時にコンプライアンス研修を実施しています。会社の方針のみならず、個人情報保護、知的財産権などに関わる法律的知識についても理解を深める研修を実施しています。
定期研修
入社後も、教育カリキュラムに基づいた体系的な研修を実施しています。また、希望者を募ってのテーマ別研修や、部門ごとの業務特性に応じた部署別研修なども実施しています。
内部通報制度の設置
コンプライアンス上の問題を発見した場合、それらの問題を通報(相談)することができる窓口を経営管理部に設置しています。この窓口では、相談者・通報者のプライバシーが厳守されており、通報・相談した当人に不利益が生じることがないように徹底されています。

PAGE TOP