FUSION directmarketing agency RECRUITMENT

INTERVIEW 04 クライアントに
寄り添うエンジニア
営業グループ 営業2部 システムエンジニア 2004年 新卒入社 竹ケ原 伸一郎

Shinichiro Takegahara 竹ケ原 伸一郎 営業グループ 営業2部 システムエンジニア
出身は青森で、大学進学を機に上京。大学院進学で北海道へ。
大量のデータを扱っている点に興味を持ちフュージョンへ入社、現在14年目。

自ら学び、スキルを磨いてきた

GoogleがGmailを始めたころ、「データを持っている会社が勝つ!」と思い、フュージョンに入社しました。
入社当時は来年の流行ファッションのレポートを書く仕事や、1軒1軒アンケートを配布して、回収・集計する仕事をしていました。
次第にシステム開発・運用の業務に携わるようになり、最近まではオンラインの行動履歴とリアルな行動履歴を一元的に把握するための、スマホアプリの開発を5年かけて行いました。
入社当時はシステム管理に詳しい方が社内にあまりいなかったので、都度自分で考え、勉強し、身に着けていくことが多かったです。
「百聞は一見にしかず」とも言いますが、自らやってみて覚えたことで、より深く身についていることが多いですね。
今は、社員も増え、様々なスキルを持った方が多いので、社内で意見交流をしながら学べる環境は整ってきていますが、今も学ぶべきことはたくさんあると感じていますね。

課題を解決するツールとしての技術

私の現在の業務としましては、スマホアプリ改修のとりまとめやクライアント向けのダッシュボードの作成、サイト構築、新規にお問合せいただいたお客様に対しての課題解決方法の提案などを行っています。
エンジニアとしての業務も多いですが、その前段となるような、クライアントの課題整理と、解決方法の要件定義を行う、といった業務もあります。
フュージョンは東京のクライアントも多いので、現在は札幌に住みながら、一ヶ月の半分は東京に滞在して業務を行っています。
また、フュージョンはお客様から直接ご相談を受けることが多く、ご相談いただいた課題をどう解決するかという提案を求められます。
エンジニアとしては、課題解決するため仕組みを作るうえで、様々な技術やサービス・ツールをどのようにうまく組み合わせて実現するか、を考えることが多くありますが、広義のデザイン的な考え方は意識して、常に業務に取り組んでいます。

多様性が生きる職場

フュージョンは多様性あふれる職場だと思います。自分のようなエンジニアもいれば、デザインが得意な人もいるし、データ分析が得意な人もいます。
業務領域が広いので自分が知らないことも多々有りますが、多様な人材がそれぞれの得意分野を生かし、業務が行われています。
できない理由を考えず、どうすれば課題を解決できるかを考える人が多く、常に変化が起きている・起こせている会社かな(笑)。
特に、新しく仲間入りしたメンバーの得意分野を生かすように業務領域が広がっているように感じています。
社内勉強会などで、クリエイティブデザインの考え方を学べることは、課題解決法をデザインするうえでも、とても参考になっていますよ。
今後も様々な知識を身に着け、自身の業務領域を広げていきたいと思います。

ともに考え、ともに成長しましょう

フュージョンはクライアントの課題を理解し、整理し、方策を考え、解決に導く、ということを意識してエンジニアの業務をできる会社です。
社外はもちろん、社内にも、持っている課題に対してより良い解決方法を考えている人はたくさんいるので、課題をどのように解決するか?を考えることが好きな人にはとても魅力的な会社だと思います。
また、多様な人材がいて、業務範囲が広いため、なんにでも興味を持てる人は楽しめる会社です。
これまでも、新しく仲間入りしていただいた人の持つ知識・経験や、その人の持つ雰囲気をうまく取り込んで、良い影響を貰って変化し続けてきました。
あなたの持つ知識・経験・考えと、フュージョンの持つ雰囲気や環境が相互に影響しあうことで、これからもさらに変化をし続け、ともに成長していくことができれば良いな、と思っています。

INTERVIEW 社員インタビュー

ENTRY 応募・お問い合わせ

新卒採用、キャリア採用、インターンシップの応募・お問い合わせに関しては随時受け付けております。ちょっと興味を持ったという方でもお気軽にお問い合わせください。