マーケティングコラム

若者を動かすDMのチカラ

この記事は、しばらくの間、高校3年生になったつもりで読んでください。 ――街はクリスマスを迎え、キラキラしたイルミネーションとにぎやかな音楽にあふれています。 けれど、あなたは高校3年生、入試を間近に控えた受験生です。クリスマスを楽しむ余裕はありません。 重い気持ちで塾から帰ると、自室の机の上に細...

2017/03/09

今、あらためてマーケティングとは何か――上場のご挨拶に代えて

フュージョンは、2017年2月23日、札幌証券取引所アンビシャスへ上場いたしました。 クライアント様、ご協力会社様あっての事と心より御礼申し上げます。 https://www.fusion.co.jp/ir/index.html フュージョンはダイレクトマーケティングエージェンシーです。 不特定の...

2017/02/23

DMはリストが5割! 成果を生むリストの作り方・使い方

DMの構成要素は「ターゲット(リスト)」「オファー」「タイミング」「クリエイティブ」の4つに大別できます。特にこのうちの「ターゲット(リスト)」は、DMの成功を大きく左右します。 ターゲットが不明確でばらまくようなDMでは、「なぜ自分に届いたのか」と不信感を抱かせてしまいますし、コストも膨大になりま...

2017/02/09

DMとして見つめ直すと年賀状は面白い

フュージョンでは、毎年夏頃から社内で年賀状プロジェクトを発足させ、翌年の年賀状をどのようなものにするか検討を始めます。 年賀状は第一に新年のご挨拶のために出すものですが、実はDMとしても大きなポテンシャルを秘めています。 DMの成功を左右する構成要素の一つに「タイミング」があります。 ...

2017/01/13

まずはここから――実践的マーケティング本6選

2016年のマーケティング業界における象徴的な出来事として、米国DMAの正式名称がDirect Marketing Association(ダイレクトマーケティングアソシエーション)からData & Marketing Association(データ&マーケティングアソシエーション)に変わっ...

2016/12/20

「休眠顧客を掘り起したい」まず何から始めれば?

休眠顧客とは、一度は商品やサービスを購入してくれたのに、その後一定以上の期間購入がない顧客のことです。 ビジネスを続けていると、新規顧客を獲得することがだんだん難しくなってきます。せっかく獲得した顧客になんとかもう一度振り向いてもらいたいと思う方も少なくないでしょう。 では、休眠顧客を掘り起こし再度...

2016/12/13

成果を生むための「SMARTな」目標設定とは

適切な目標を立てることはよい結果を生むための近道です。 それでは、適切な目標とはどんなものでしょう。 ノルマとして関係者を圧迫するのではなくモチベーションの源泉となる、どうやって達成しようかと具体的にイメージできる、達成することによって自身やビジネスの成長につながる、そんな目標を立てたいと多く...

2016/11/17

出しっぱなしのDM・広告はもうやめる――行動を促す仕掛けとは

先日ポスティングされていた分譲マンションのチラシで「もったいない」と思うことがありました。 高級感を売りにしていると思われるマンションで、とてもきれいな写真が物件の魅力をよく伝えていたのですが、その物件に興味を持ったとしてもその後どうしたらいいのか、とても分かりづらかったのです。 モデルルーム...

2016/10/14

なぜ顧客はそれを欲しがるのか? 提供価値を見出すフレームワーク
「バリュー・プロポジション・キャンバス」

前回の記事では「ターゲットに響くキャッチコピーの作り方」をご紹介しました。 提供する商品やサービスが、ターゲットにとってどんな価値を持っているのかを的確に伝えることはマーケティングの肝であり、キャッチコピーという成果物にはそれが端的に現れます。 自社製品やサービスの仕様や特徴を詳しく説明で...

2016/09/29

ターゲットに響くキャッチコピーの作り方

消費者が日々たくさんの情報に囲まれて生活する現代ではキャッチコピーの重要性が増しています。消費者は触れた情報が自分にとって関係のあるものか、重要なものかを瞬時に判断して、必要ないと判断すればすぐに 削除したり忘れたりしてしまうからです。ごく短い時間で情報の重要性を伝えられるキャッチコピーは消費者と...

2016/09/15

関連コンテンツ

《ニュースリリース》
《think out of the box!
 フュージョン社長ブログ》
《マーケティングコラム》

お問い合わせ

当社に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

pagetop