ビッグデータ/データ分析カテゴリ:マーケティングコラム一覧

RFM分析の限界とその対処法

以前の記事では『Excelでできる顧客分析入門』の一つとしてデシル分析とRFM分析の手順をご案内したことがありました。 https://www.fusion.co.jp/staff/2015/10/excel-decile-rfm/ RFM分析は、特別なシステムがなくとも基本的な購買データがあ...

2016/07/26

「使えない」調査結果を渡されないためのマーケティングリサーチ企画方法

市場が成熟するにつれ経験にもとづくマーケティングが通用しなくなり、データを活用してマーケティング施策の精度を上げていく、いわゆる「データドリブンマーケティング」の重要性が増しています。 データを上手に活用して成果を上げる企業が注目を浴びる一方で、「データ分析を行ってみたのに経験上分かり切った結...

2016/05/26

これで伝わる、グラフの選び方・使い方

文字だけでは伝わりづらい情報もグラフにすると分かりやすいものですが、適切なグラフを使わないと情報を正しく理解できなかったり、かえって分かりづらくなったりします。ポイントを押さえて、情報が伝わるグラフを作成できるようになりましょう。 ● ケーススタディ 以下の表は、架空のWebサイトの年度別会員...

2016/04/21

データからマーケティング施策を構築する方法

●施策の型 データの重要性が認知され、収集・分析を行う企業が増えています。 勘や経験則に頼ったマーケティングからデータにもとづくマーケティングに移行することで成果を上げている企業がある一方で、分析結果からどのようにして具体的な施策を構築していけばよいのか分からないという悩みを聞くことも多くなりまし...

2016/02/05

ライフタイムバリュー(LTV)を知り、顧客の価値を最大化する

ライフタイムバリュー(LTV)とは「顧客生涯価値」のことで、 一度獲得した顧客が一生の間にもたらしてくれる価値をいいます。 ウェブ広告などを運用している方には、コンバージョン率(CVR)といった考え方は馴染みが深いものだと思います。これは、広告経由で会員登録や購買といったコンバージョンがどの位...

2015/11/26

商品を通して顧客を知る~すぐにできる商品分析

前回は、顧客分析の手始めとして、 Excelでできるデシル分析とRFM分析 の手法をご紹介しました。 この二つの分析では顧客が「何を買ったか」を問いませんでした。 今回は「何が買われたか」「どのように買われたか」に注目して商品を切り口に売上を分析する手法をExcelでの手順を例にご紹介しま...

2015/11/11

Excelでできる顧客分析入門(デシル分析、RFM分析)

顧客分析には様々な手法があります。 今回は、Excelでもできる基本的な顧客分析としてデシル分析とRFM分析を取り上げ、その具体的な手順をご紹介します。 分析にあたっては、分析対象期間の以下のような元データが必要となります。 売上明細データなどが活用できるでしょう。 今回の例では、架空の売上明...

2015/10/30

分析をパワーアップさせる、無料のデータソース5選

企業でデータ分析を行う際に活用できるデータには、社内で蓄積された内部データと、社外で公開されている統計などの外部データがあります。 内部データは自社の事業にとって扱いやすい軸で集積されていますが、基本的には"すでに自社の顧客となっている人""すでに自社で扱っている商品"のデータです。 そのため...

2015/09/08

意識できていますか? データ活用の3フェーズ

「ビジネスにデータを活用する」と一口に言っても、活用の仕方には様々な段階があります。 いまどの段階にいるのかを意識することで、データ活用を推進し、データにもとづく強いビジネスを作り上げることができます。 ●フェーズ1 "データを集計する"段階 最初のフェーズは、データを集計するという段階...

2015/08/25

時間も費用も無駄にしない、効率的なデータ分析の考え方

マーケティングにおけるデータ分析の重要性が高まる中、便利なツールや手法が次々に現れています。けれど、やみくもに分析しても時間がかかるばかりで、価値ある発見にはつながりません。 また、高価な分析ツールを導入したのに、ツールの機能に振り回されて「分析のための分析」になってしまうケースも珍しくありません。...

2015/08/20

関連コンテンツ

《ニュースリリース》
《think out of the box!
 フュージョン社長ブログ》
《マーケティングコラム》

お問い合わせ

当社に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

pagetop