FUSION directmarketing agency

JP / EN

MENU

TOPICS NEWS ニュースリリース

NEWS ニュースリリース

株式会社調和技研への追加出資のお知らせ

当社は、2020年4月24日開催の取締役会において、既に当社の資本業務提携先で、
北海道大学公認AI(人工知能)ベンチャー企業である
株式会社調和技研(本社:北海道札幌市、代表取締役:中村 拓哉、以下「調和技研」)が実施する
第三者割当増資での新株発行の一部を引き受けることを決議し、
その払い込みが完了いたしましたので、お知らせいたします。

1.引き受けの背景と目的
調和技研は、北海道大学発の公認ベンチャー企業として、
画像認識、音声認識、自然言語解析をはじめとするAIを用いた高度なソリューションの提供、
AIを活用した社会に役立つ製品・サービスの開発、
教育機関・自治体と連携し、人材育成・提供及び社会貢献、観光誘致事業を行っております。

一方、当社は、ビッグデータ等の分析、システムの設計・構築、各種プロモーションに関する
高度なコンサルティングを行う統合マーケティング企業であり、ダイレクトマーケティングに関する
様々なソリューションを通じた企業と顧客や消費者とのマーケティングコミュニケーションの支援を
行っております。

当社と調和技研とは、2017年10月に資本業務提携を締結し、主にAIの活用やデータ分析の領域で
協業を推進しております。提携以来、複数の案件で協力体制を組み、実績を積み重ねる中で
シナジー効果を出しております。

具体的には、調和技研の持つAIに関する高度な専門性は、学術研究を背景としているため、
クライアント企業との商談や実装の場面でトランスレーションが必要となることが多く、
そこに当社のコンサルティング力やマーケティング力がフィットするため、互いの提供価値が増大しております。

今般の決定は、AI活用について一段と社会的要請が高まる中、調和技研が企図した
総額3億円の第三者割当増資に呼応し、これまで以上に連携体制を強化することが
マーケティング企業としての当社の成長に繋がると判断したものです。

2.追加出資の内容
当社は調和技研の実施する第三者割当増資の一部を引き受け、
普通株式333,334株を取得いたしました。
今回の追加出資により、当社の調和技研における議決権比率は15.3%となりました。

■株式会社調和技研 会社概要
会社名:   株式会社調和技研
所在地:   北海道札幌市北区北21条西12丁目2 北大ビジネススプリング305号室
代表者:   代表取締役社長 中村 拓哉
設立:    2009年11月4日
URL:    http://www.chowagiken.co.jp/ 
事業内容:  AI導入コンサルテーション、AI研究開発・実装・運用、AIエンジンの提供



≪本リリースについてのお問い合わせ先≫
フュージョン株式会社 管理部  TEL:011-271-8055
【対応時間】9:00~18:00(土日祝休)

FUSION(フュージョン)は戦略策定から購買データ分析、クリエイティブ制作、効果測定まで、
ダイレクトマーケティングに関わる業務全てを担う体制でサポートをご提案します。
お気軽にお問い合わせください。

ダイレクトマーケティングのすべてを、eラーニングで学ぶ 無料資料をダウンロード

RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES