人事ブログ

未来の仕事のあり方の4タイプ
2016年05月31日

こんにちは。
フュージョンの沖津です。

CHREATEという団体をご存知でしょうか。
CHREATEは、人事、雇用に関する未来について考えるグローバル・コンソーシアムです。


CHREATEは、近い未来の仕事のあり方を以下のようなマップにまとめています。

futurejob.jpg


①従来型
労働形態もテクノロジーの活用度も今日と同様で従業員は同一の場所に配置され、物理的な繋がりが維持されます。


②高度化
マネジメントや働き方はそれほど進化していないが、テクノロジーの活用は進化しています。部分的に、在宅ワークやリモートワークが認められる仕事などが該当するでしょう。


③進化型
新しい雇用モデルが発生する領域です。クラウドソーシング、プロジェクトベースでの単発契約、フリーランス、期間契約、パートタイムなどが含まれます。


④UBER的進化型
新しい働き方・雇い方の人々が、オンデマンドでのAI活用、安全かつアクセスしやすいクラウドベースのプラットフォームなどで繋がります。オープンな人材マーケットプレイスなどが利用されます。


従来多くの企業は均一のマネジメントスタイル、ワークスタイルを従業員に課し、自社のビジネスを支えてきましたが、おそらく近い将来それでは立ちいかなくなるでしょう。
殆どの場合、1つの企業には複数の異なるタイプの仕事があり、それぞれが上に挙げた別々の領域に適している場合のほうが多いと思います。例えば、製造やオペレーションは「従来型」、セールスは「従来型だが高度化」、開発エンジニアなどは「進化型」などが適しているかもしれません。


企業は、雇用形態だけではなく、働き方のポートフォリオをうまく組み合わせる必要がでてきますし、働き方の多様性をうまく提供できる企業に人材が集まると思います。


自社の実行すべき決定的に重要なプロセスと断行すべき変革は何か。
どのリソースを重要なものとして獲得し、活用し、育て、守るべきか。
自社のコアとなるものは、どこにあり、そして、将来的にどこに移行させていくべきか。
そう考える上でも、有効なマップのようにも思います。

採用担当_沖津
2016年05月31日 |