think out of the box! フュージョン社長ブログ

「写真を撮る」意義、意味の変化

2011/07/06

スマートフォンの普及が著しいです。

1000万台を超え、数年で2000万台を突破する成長率だそうです。

同時にInstagramtwitterfacebookのようなツールが進化することによって、

最近「写真を撮る」行為の意味が変化している、と強く感じています。

想い出として「後で振り返る」ために残す行為から、

繋がっている自分のネットワークと「今すぐ共有」する行為へ。

「いいね!」ボタンや、コメント機能、引用機能等、

リアルタイムなフィードバックがレスポンスとしてある事も

変化のスピードを上げる要因と感じています。

写真を撮る行為に、「共有」「反応」「拡散」「蓄積」といったキーワードが

新しい価値として付与され、新しいコミュニケーションの役割を担っています。

Think out!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

お問い合わせ

当社に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

pagetop