think out of the box! フュージョン社長ブログ

米国リアル小売業のEC売上の傾向から見えてくること。

2012/07/25

私たちの会社では、会社全体に対して有益な情報発信も評価軸の一つなのですが、

先日グループウェアでスタッフが発信していた資料を読んで

非常に興味深かったのでご紹介します。

「米国小売業界におけるオンライン・モバイルコマースの普及動向」

という資料をJETROの方がうまくまとめています。

IPA 情報処理推進機構 ニューヨークだより

・ブラックフライデー(サンクスギビング後の商戦)とサイバーマンデーの推移

・モバイルコマースの市場規模が2016年には5倍に

・リアル小売業とネット小売業の売上げ動向比較

などなど・・

特に私が気になったのは、

「実店舗中心の小売事業者の状況とオンライン販売事業の動向」の記事です。

・日本の小売業同様、大手実店舗小売業チェーンもオンライン販売に注力している。

・実店舗だけの魅力では、オンライン販売事業者に販売コスト、価格競争力の点で

 なかなか太刀打ちできない。(特に州ごとの売上税の関係もあり)

・フラッシュセール、SNS(特にfacebookpinterest等)での集客、

 価格比較・レコンメンデーション等の意思決定ツール等、

 オンライン販売業者と同様にテクノロジを活用するようになった。

・ウォルマートの中国のネットスーパー事業者の買収、

 ニーマンマーカス、メイシーズ等のオンラインによるグローバル進出

 

ますますオフラインとオンラインの境界線は無くなり、

企業のOtoO戦略は益々加速している日本と同様の流れを強く感じた次第です。

一昔前は米国と日本の小売業は販売手法が違う、と良く話がありましたが

オンラインの世界では、テクノロジ活用面で共通する部分が多いのかもしれません。

日本の小売業はもっと情報を集める必要ありますね。

Think out!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

お問い合わせ

当社に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

pagetop