FUSION directmarketing agency

JP / EN

MENU

TOPICS think out of the box! フュージョン社長ブログ

think out
of the box!
フュージョン社長ブログ

「なぜ売れたのか?」お買物をデータで考える!

普段の何気ないスーパーやドラッグストアでのお買物。

様々な理由があって顧客は財布からお金やカードを取り出し、

「お買物」というアクションに辿り着いています。

その様々な理由、いわゆる「消費者インサイト」を沢山イメージし、

顧客のニーズにあったマーチャンダイジングを計画するのが

メーカーや小売業のマーケターの役割です。

とはいえ、なかなか売れない時代。

そんな簡単にイメージ通りにはいかないのが現実です。

「消費者インサイト」が多様化・細分化したことで、

「なぜ売れたのか」がわからない、理由がはっきりしない、という声をよく聞きます。

「複合的な要因が作用」し、一つの商品が売れる理由を

把握、検証する事が難しくなってきています。

近年、ビッグデータ解析含めテクノロジの進化によって

様々な理由をデータで補足することが出来る様になり、要因をデータから探ろう、

という機運が高まってきています。

お買物を左右する要素、あなたはいくつ挙げられますか?

例えば・・・

●住環境・暮らしによって左右される要因

・季節

・天気

・気温

・旬

・社会催事・ライフスタイル

(入試・入学・長期連休・妊娠・出産・結婚・離婚・転居・就職・転職・リタイア・年金・死別等)

●小売業によって左右される要因

・セール

・ランキング

・機能比較

・価格

・店内演出

・マネキン呼び込み

・テレビ番組

・クチコミ

・ソーシャルメディア(レシピ

WEBサイト(2ch・ニュースサイト)

・ブログ(芸能人・有名人ブログ)

●メーカー・商品に大きく左右される要因

・ブランド

・産地

・生産者、職人

・規格

・サイズ

・等級

・フレーバー

・カラー

・効能

・素材・原料

●ムーブメント・欲求によって左右される要因

・トレンド

・欲求(美・痩身・筋肉・長寿・健康・恋愛)

・回帰・懐古

・シリーズ

・テクノロジ

・教育・介護

・海外独自

これだけの要素が複雑に絡みあって「お買物」がなされているとすれば

簡単に売れないとマーケターが頭を悩ますのもわかる様な気がします。

全ての要素まで完璧には出来ないまでも、いくつかの要素がデータ化され、

作用点がデータから見出せたなたら、それは自社の企業ノウハウとして蓄積すべきです。

これだけ沢山の要素が詰まっているからこそ、

マーケターにとってお買物を科学する事は楽しく、発見や驚きが詰まっているのだと思います。

Think out!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

AUTHOR
佐々木 卓也 Takuya Sasaki
フュージョン株式会社 代表取締役

どの企業よりも大量のデータをハンドリングでき、どの企業よりも示唆に富んだ分析レポートを提案し、どの企業よりも仮説とレスポンスを意識した販促をプランし、どの企業よりも優れたツールをクリエイティブし、どの企業よりもクライアント企業とその先の生活者との距離を縮める事ができる。
そんな会社にしたいと心から思っています。

FUSION(フュージョン)は戦略策定から購買データ分析、クリエイティブ制作、効果測定まで、
ダイレクトマーケティングに関わる業務全てを担う体制でサポートをご提案します。
お気軽にお問い合わせください。

ダイレクトマーケティングのすべてを、eラーニングで学ぶ 無料資料をダウンロード

RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES