FUSION directmarketing agency

JP / EN

MENU

TOPICS think out of the box! フュージョン社長ブログ

think out
of the box!
フュージョン社長ブログ

「国際エコー賞」の日本事務局運営について米国DMAと合意しました!

ダイレクトマーケティング専門エージェンシーである当社は、
米国Direct Marketing Association(以下DMA)と、
「国際エコー賞」の日本事務局運営に関する委託契約を締結いたしました。
リリースは各メディアでも多数取り上げて頂けました。感謝です。

ニュースリリースはコチラ


これによって当社は「国際エコー賞」「ケープルズ賞」、というダイレクトマーケティングにおける2大アワードの日本事務局を運営することになりました。
これらの賞の認知度アップを図る活動を通じて、
日本におけるダイレクトマーケティング施策のより一層のレベル向上、
日本の成功事例の世界への発信を目指します。


「国際エコー賞」について知らない方もいらっしゃると思いますので、少しだけ解説すると・・

DMAが主催する世界で最も権威のあると言われているダイレクトマーケティングのアワードです。
毎年、世界各国から1,000を超える応募があり、
その年の世界最高のダイレクトマーケティング・キャンペーンを決定する賞で、
毎秋DMAの年次大会において受賞セレモニーが執り行われます。


国際エコー賞の日本語サイトはコチラ


審査は3段階で実施され、ダイレクトマーケティング業界に実績を持つ
総勢250名前後の審査員により行われます。
審査基準は、
「卓越した戦略」
「難関を突破する制作物」
「驚異的な結果」
以上の3項目です。
これらすべてを兼ね備えたキャンペーンが「国際エコー賞」を受賞します 。


国内でのダイレクトマーケティングの先駆者となるべくエントリーを続けてきた甲斐があって、当社は2014年にリーダー賞、2015年にブロンズ賞を受賞しています!!


また、当社にとってさらに追い風となる出来事が先日ありました。
国際エコー賞は、2016年2月に日本郵便株式会社主催の「全日本DM大賞」とのアライアンスパートナーシップ締結が発表されました。

このパートナーシップによって、全日本DM大賞入賞作品は、
国際エコー賞応募時の1次審査が免除され、
自動的に2次審査に進むことができるようになりました。
日本からの応募が益々増えることが予想されています。


初めてエコー賞を現場で見たのは2005年のアトランタ大会です。

あれから10年経過し、この様な形でDMAと関わりが持てた事を
大変嬉しく感じています。


クライアントのダイレクトマーケティングサポートを行うのと同時に
ダイレクトマーケティングの普及を自ら行い、
マーケットの創造・拡大に寄与していく事も大きな使命と思っています。


そして創造したマーケットの中で一番を取れるように
益々精進したいと思います!


Think out!
最後まで読んで頂いてありがとうございます。

AUTHOR
佐々木 卓也 Takuya Sasaki
フュージョン株式会社 代表取締役

どの企業よりも大量のデータをハンドリングでき、どの企業よりも示唆に富んだ分析レポートを提案し、どの企業よりも仮説とレスポンスを意識した販促をプランし、どの企業よりも優れたツールをクリエイティブし、どの企業よりもクライアント企業とその先の生活者との距離を縮める事ができる。
そんな会社にしたいと心から思っています。

FUSION(フュージョン)は戦略策定から購買データ分析、クリエイティブ制作、効果測定まで、
ダイレクトマーケティングに関わる業務全てを担う体制でサポートをご提案します。
お気軽にお問い合わせください。

ダイレクトマーケティングのすべてを、eラーニングで学ぶ 無料資料をダウンロード

RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES