FUSION directmarketing agency

JP / EN

MENU

TOPICS think out of the box! フュージョン社長ブログ

think out
of the box!
フュージョン社長ブログ

人が魅力的な活動をして他者を重力で引き寄せるのが「働く」こと

先日、加盟している「北海道IT推進協会」の社会貢献活動として、
使われなくなった法人向けWindows PCをChromebook化する寄付授業を
北海道ハイテクノロジー専門学校で行いました。

l_th_hokkaidopc_01.jpg
また、その足で早速塾に行けない中高生の教育支援NPO団体に寄付してきました。
https://www.mikketa.hokkaido.jp/1396/

北海道IT推進協会がプレスリリースで発信した事もあり、
各所からPCを寄付したい、そしてPCが欲しいと申し出が続々と来ています。

今後も、継続的に活動する予定です。
企業単独で出来る社会貢献は中小企業になると様々な制約があり難しくなります。
今回は団体で協力してインパクトを残す活動が出来る事が嬉しく思っています。

もちろんフュージョン単独でも、いくつか活動しています。

・当社が手掛けたDM発送、メール配信、プッシュ通知を年度で集計し、
 その総件数に、検討のうえ決定した割合を乗じて算出された金額の寄付
・社内に郵送された封書・はがきの使用済み切手の寄付
・社員同士で贈り合うピアボーナスから、SDGs該当団体への寄付

私たちで出来る事からコツコツやっていきたいと思います。

また、先日、知人がこんな言葉をつぶやいていました。
「批判、評論する時間が長いほど、行動、賞賛する時間が短くなる。」

上記Chromebookの寄付のアクションもそうですが、
出来ない理由を考えていると、時間だけ経過し何も起きません。

ハイテクノロジー専門学校の生徒には私から最初にこう伝えました。
「私たちも、初めてやります。一緒に相談しながらやってみよう。」
誰も答えを教えてくれ、と言わずに皆作業してくれました。

そして、時間は皆平等で有限、一日は24時間しかありません。
限りある時間の中で、行動や賞賛する時間が長い人ほど、
周りにポジティブな影響を与え、連鎖を生むのではないでしょうか。

悩んで思考停止する前に、今できる事を知恵を絞ってやってみる、
人が魅力的な活動をして他者を重力で引き寄せるのが「働く」と教わりました。

社会貢献のみならず、クライアントとの仕事一緒だと思います。
そんなスタイルを忘れずに行きたいと思います!

Think out!
最後まで読んで頂いてありがとうございます。

AUTHOR
佐々木 卓也 Takuya Sasaki
フュージョン株式会社 代表取締役

どの企業よりも大量のデータをハンドリングでき、どの企業よりも示唆に富んだ分析レポートを提案し、どの企業よりも仮説とレスポンスを意識した販促をプランし、どの企業よりも優れたツールをクリエイティブし、どの企業よりもクライアント企業とその先の生活者との距離を縮める事ができる。
そんな会社にしたいと心から思っています。

FUSION(フュージョン)は戦略策定から購買データ分析、クリエイティブ制作、効果測定まで、
ダイレクトマーケティングに関わる業務全てを担う体制でサポートをご提案します。
お気軽にお問い合わせください。

ダイレクトマーケティングのすべてを、eラーニングで学ぶ 無料資料をダウンロード

RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES