think out of the box! フュージョン社長ブログ

結果を左右する、マーケティングテストの重要性。

2011/12/20

先日大手ECモール運営会社の方とお話しさせて頂いた際に

紹介された会社があります。

皆さんはCriteo(クリテオ)という会社ご存知ですか?

http://www.criteo.com/ja

フランス発グローバルWEBマーケティング企業です。

主なサービスとしては、過去のWEBサイト閲覧履歴をもとに

購買に結びつきそうな商品をレコメンドしながら、バナー表示の領域の中で、

「商品写真のサイズ」「ボタンの色」「ボタンの位置」「キャッチコピー」等を

独自のアルゴリズムを持って自動的にA/Bテストを繰り返し、

最適化していくエンジンだそうです。

自分が何気なくクリックしたその「詳しくはコチラ」ボタンの色や場所は、

数万通り、数百万通りのバナー表示のA/Bテストを繰り返して表示されているとの事。

低コスト且つ、自動的に、効率よくA/Bテストを繰り返しながら

最適化するこの仕組みに、私自身衝撃を受けました。

実際採用しているこのECモールの方に言わせると、コンバージョンが何倍も違うと事。

日本でもこのような仕組みの開発企業、サービス提供者が

一時期のレコメンドシステムのベンダーの様に増えるのではないかと思います。

ダイレクトマーケティングの世界では、

ダイレクトマーケターのプロとして、

「テストの重要性」を大きな単元として学ぶ必要があります。

WEBマーケティングの世界で急激に発達している、

いわゆる「A/Bテスト」は数十年も前から様々な媒体で実施されてきました。

しかしながらダイレクトマーケティング分野において、

米国と日本の大きな違いの一つとして、A/Bテスト含む

この「テストの重要性」を理解している企業が少ない、と感じています。

逆にお話を伺っていると、国内で成功している企業は、

テストに時間とコストをかけているケースが多いです。

ターゲッティングやセグメンテーションと同時に、

何が良かったのか悪かったのか、テストを通じて学びとる事が、

最終的に大きな成果を挙げる最短ルートと強く思います。

何を持ってテストとするのか、何を成果とするのか等、

課題している方がいらしゃいましたら、是非弊社にご相談頂ければと思います

Think out!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

お問い合わせ

当社に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

pagetop