FUSION directmarketing agency

JP / EN

MENU

TOPICS think out of the box! フュージョン社長ブログ

think out
of the box!
フュージョン社長ブログ

事業に横串を差す、マーケティング部門とCMO(Chief Marketing Officer)の重要性

最近クライアントとお話ししていて、

マーケティング部門の必要性、またその最高責任者である

CMOChief Marketing Officer)の重要性を議論することが多くなりました。

小売業・通販業においてマルチチャネルを活用しリピート促進の為に、

店舗営業部門・通販部門・WEBEC部門を横串して施策推進する部署として

マーケティング部門の重要性が認知され始めている様に感じています。

推進を後押しするのはもちろんテクノロジーなので

IT部門が両輪、また推進役としての役割を担います。

その事を理解している大手ITベンダーは、

営業先をCIOからCMOに標準を合わせて営業している、と先日聞きました。

NRI12月のメディアフォーラムで発表した資料から・・・

日本企業では、CMOの役職が有る企業が約11%、

またマーケティング部門とIT部門の連携を定期的ににとっている企業は約14%に留まっています。

(広報・宣伝、リサーチ系の統括、または営業部門の調整役に留まっている企業もいますが)

今後は顧客接点をマーケティング視点で考えた際に

チラシ担当とマス担当、WEB担当といったメディアごとの担当という事では無く、

マーケティングデータを読み解き、それらを意思決定データとして活用しながら

例えば・・・

・新規顧客獲得マネージャー(KPIは見込み顧客の流入経路の開拓と新規顧客獲得率等...)

・既存顧客維持育成マネージャー(KPIはリピート率と離反率等...)

これらを統括するのがCMO、といった組織も今後考えられますね。

先日のブログに書いた、マーケティングオートメーションの考え方も、

テクノロジーがマーケティングの部門を後押しする事項の一つだと思っています。

顧客の関係性がマルチチャネル化し、関係維持の考え方が変化する事に合わせて、

企業内の組織の在り方も見直すタイミングが来ており、

来たる2013年はその動きが益々加速するのでは無いかと思っています。

Think out!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

AUTHOR
佐々木 卓也 Takuya Sasaki
フュージョン株式会社 代表取締役

どの企業よりも大量のデータをハンドリングでき、どの企業よりも示唆に富んだ分析レポートを提案し、どの企業よりも仮説とレスポンスを意識した販促をプランし、どの企業よりも優れたツールをクリエイティブし、どの企業よりもクライアント企業とその先の生活者との距離を縮める事ができる。
そんな会社にしたいと心から思っています。

FUSION(フュージョン)は戦略策定から購買データ分析、クリエイティブ制作、効果測定まで、
ダイレクトマーケティングに関わる業務全てを担う体制でサポートをご提案します。
お気軽にお問い合わせください。

ダイレクトマーケティングのすべてを、eラーニングで学ぶ 無料資料をダウンロード

RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES